【エクセル】曜日の色分けを自動表示させる方法

100エクセルで、
カレンダーやスケジュール表を
作成する機会も多いです。

 

 



 

そして、土曜日と日曜日を
分かりやすいように色分けする時に

 

一個一個に
マウスをカチカチさせながら
色分けするのは面倒ですよね?


 

そこで今回は、
「曜日の色分けを
自動表示させる方法」

についてご紹介していきます。

Sponsored Link

曜日の色分けを自動表示させる方法

今回は、スケジュール表を例としてご説明します。

101

色分けを行うセル範囲を選択する

102

まずは、
色を分ける範囲を選択しましょう。

今回は、日付と曜日を選択します。

 

もし、
日付だけを色分けしたい場合は、
日付の列だけを選択してください。

「条件付き書式」を設定する

103

104

マウスでドラッグしてサクサクっと
範囲指定が終わったら、

「ホーム」タブから「スタイル」
にある「条件付き書式」
クリックしましょう。

 

すると、メニューが出てきます。
その中の「新しいルール」
クリックしてください。

 ルールの種類で「数式を・・・」を選択する

105

そうすると
「新しい書式ルール」ウィンドウ
が開きます。

 

「ルールの種類を選択してください」
は、一番下にある“数式を使用して、
書式設定するセルを決定”

して選びましょう。

  数式を入力する

106

「次の数式を満たす場合に
値を書式設定」と書いてある
下の入力場所に数式を書きます。

 

今回は、
=$B4=”日”
と入れます。

 

これは
「B列に“日”と入力されていれば、
条件を満たすものとして判定する」

というものです。

色を選択する

107

次に「書式」をクリックしましょう。

 

すると
「セルの書式設定」ウィンドウ
が開きます。

108

今回は、セルを塗りつぶして
色分けを行います。

 

なので、「フォント」タブから
「塗りつぶし」タブへ移動しましょう。

110

数式で判定された範囲に
つける色を選びます。

 

今回は、薄いイエローを選択し
「OK」をクリックします。

111

そして、
「書式ルールの編集」ウィンドウ
に戻るので、そこでもう一度
「OK」をクリックしましょう。

曜日の色分けが自動で表示される

2015-06-08_001125

すると、
自動で日曜日の列が
薄いイエローになります。

 

土曜日も同じ手順で
数式のところを「=$B4=”土”」
にして、色を薄いブルーを
選択すれば完成です。

2015-06-08_001410

まとめ

  1. 色分けするセル範囲をドラッグして選択
  2. 「条件付き書式」を設定
  3. 新しいルールの作成
  4. 数式を入力
  5. 色を選択
色分けをする場合は、
「条件付き書式」
を設定しましょう。

 

そうすれば、
入力ミスや時間も短縮できます。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ