【エクセル】パスワード設定をファイルにする方法

999パソコンを自分だけでなく、
他の人と共有して使用する
人も多いです。

 



 

そして、重要書類のデータなど
『このファイル、
他の人に見られると困るなぁ』

と思ったりする事も
少なくないでしょう。

 

そこで今回は、
「ファイルにパスワードを
設定する方法」

についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

エクセルでパスワード設定できる機能

エクセルにはデータファイルに
パスワードを設定する
機能があります。

 

ファイルに
パスワードを設定すれば、
あなた以外の人が
そのファイルを見れない
ようする事が可能です。

 

帳簿関係のデータや
スケジュール表など
見られたら、どうしよう・・・
と悩んでいるのであれば、
ファイルにパスワード設定しましょう。

 

エクセルファイルにパスワードを設定する方法

今回は、「test.xlsx」ファイルを例としてご説明します。

パスワード設定したいファイルを開く

101

まずは、
パスワードを付けたいファイル
を開きましょう。

 

今回は、「test.xlsx」ファイルを
選択して開きます。

 

「ファイル」タブから「名前をつけて保存」をクリック

102

最初に画面の左上にある
「ファイル」タブをクリックして
選択しましょう。

 

103

そして、
通常のファイル保存の流れで
ファイル」タブにある

 

名前をつけて保存」を選択して
クリックして選択します。

104

今回は、現在ののフォルダーを選択します。

 

「名前をつけて保存」ウィンドウの「ツール」から「全般オプション」をクリック

105

保存先のフォルダを選択したら
「名前をつけて保存」ウィンドウが
画面上に表示されます。

 

106

すると、通常どおり保存先や
ファイル名を選ぶ「名前をつけて保存」
ウィンドウが開きます。

 

ここでパスワード設定を行っていきます。

 

ウィンドウ内にある「ツール」を選び、
その中の「全般オプション」を
クリックして選択しましょう。

 

「保存オプション」ウィンドウでパスワードを入力して設定する

107

「全般オプション」をクリックしたら、
次に「保存オプション」ウィンドウが開きます。

 

ここで他の人が入力しても
わからないパスワードを
入力しましょう。

 

入力が終わったら、
OK」ボタンをクリックして下さい。

 

「パスワードの確認」ウィンドウでもう一度パスワードを入力する

108

「OK」ボタンをクリックしたら、
「パスワードの確認」ウィンドウが開きます。

 

先ほど入力したパスワードを
もう一度入力しましょう。

 

入力が終わったら、
「OK」ボタンをクリックして下さい。

 

「書き込みパスワード」だけを
設定すると、ファイル内の
データを見れます。

 

ファイル編集ができない状態
になるだけです。

 

なので、ファイルのデータを
見られたくないのであれば
「読み込みパスワード」の設定
をすることをおすすめします。

 

保存先を選択して「保存」ボタンをクリックする

109

最後に通常通り、
保存先とファイル名を選び
「保存」ボタンをクリックして
選択しましょう。

 

特に変更がなければ、
そのまま「保存」ボタンをクリックして下さい。

110

保存したファイルをクリックすると、
すぐにデータを出ないで
「パスワード」ウィンドウが開きます。

 

この「パスワード」ウィンドウで
設定したパスワードを入力すれば
データを見ることが出来ます。

 

まとめ

  1. パスワード設定したいファイルを開く
  2. 「ファイル」タブから「名前をつけて保存」をクリック
  3. 「名前をつけて保存」ウィンドウの「ツール」から「全般オプション」をクリック
  4. 「保存オプション」ウィンドウでパスワードを入力して設定する
  5. 「パスワードの確認」ウィンドウでもう一度パスワードを入力する
 

私が、この機能を知ったときは
『エクセルさん、さすが!』
と感心しました。

今後は、この機能を活用して
人に見られたくないファイルは
パスワードを設定していきましょう。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ