【エクセル】平均値を求めるAVERAGE関数の使い方

0010621表計算をしていれば、
平均値を求める機会が多いでしょう。

 



 

『どうやって平均を
計算したらいいの?』
と困っている人も多いかと思います。

 

そこで今回は、
「平均値を求めるAVERAGE関数の使い方」
についてご紹介してきます。

 

Sponsored Link

平均値を求めるAVERAGE関数の使い方

0621100

平均値の計算結果を表示させるセルをクリックして選ぶ

0621101

まずは平均値の計算結果を
表示させたいセルをクリックして
選択しましょう。

 

「数式」タブから「オートSUM」の中にある「平均」をクリックして選ぶ

0621102

セルを選択したら、
次に「数式」タブへ移動します。

 

0621103

「数式」タブへ移動したら、
「関数ライブラリ」にある
「オートSUM」ボタンを
クリックして選択してください。

 

 

0621104

「オートSUM」ボタンをクリックしたら
平均値を表示させたいセルに
「=AVERAGE()」
とAVERAGE関数が挿入されます。

 

0621105

 

計算する範囲を指定して「Enter」キーを押せば完了!

0621106

続いて計算する範囲をドラッグして
選択してください。

 

ドラッグして計算範囲を指定したら、
「Enter」キーを押してください。

 

062107

そうすると
範囲指定した数値の平均値を
求めることが出来ます。

 

補足

ほかにも、こんな方法があります。

0621007

ワークシートの上部に「fx」と
書かれたボタンがあります。

 

それをクリックすると、
「関数の挿入」ウィンドウが
表示されます。

 

 

0621008

そこで「AVERAGE」を見つけて
クリックするとAVERAGE関数を
挿入することが出来ます。

 

とはいえ、
この方法だと手順が増えるので
直接セルに入力した方が
早いかもしれません。

 

 

まとめ

  1. 平均値の計算結果を表示させるセルをクリックして選ぶ
  2. 「数式」タブから「オートSUM」の中にある「平均」をクリックして選ぶ
  3. 計算する範囲を指定して「Enter」キーを押せば完了!
 

お疲れ様でした。

平均値を求めることは
できましたでしょうか?

平均を計算する機会は、
合計を求める次に多いです。

ですので、
平均の計算手順を忘れずに
覚えておきましょう。

あなたのお仕事が、
滞りなく快適に行えることを
心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ