【エクセル】数値を切り捨てる!ROUNDDOWN関数を使った計算方法

2000エクセルを使い始めたばかりだと

「どうやって数値を切り捨てるの?」

と困っている人も

多いのではないでしょうか。



 

そこで今回は、

「ROUNDDOWN関数で切り捨てる計算方法」

についてご紹介してきます。

 

Sponsored Link

ROUNDDOWN関数で切り捨てる計算方法

20150709002

切り捨てる計算結果を表示するセルをクリックして選択する

2015-07-09_001

まずは切り捨てた計算結果を

表示させたいセルを選んでください。

 

「数式」タブから「数学/三角」ボタンをクリックして選択する

2015-07-09_002

切り捨てた数値を表示するセルを

選択したら、つぎに「数式」タブ

移動しましょう。

 

2015-07-09_003

「数式」タブへ移動したら

その中に「数学/三角」ボタン

クリックして選びましょう。

 

そのメニューの中から「ROUNDDOWN」をクリックして選択する

2015-07-09_002

「数学/三角」をクリックしたら、

メニューが表示されます。

 

その中にある「ROUNDDOWN」

クリックして選びましょう。

 

「関数の引数」ウィンドウにて数値と切り捨てる桁数を入力する

2015-07-09_003

「ROUNDDOWN」をクリックしたら

「関数の引数」ウィンドウが開きます。

 

その中にある「数値」「桁数」

入力しましょう。

 

2015-07-09_004

「数値」は、切り捨てるセルや数値を

入れます。

 

「桁数」は、どの桁で切り捨てるかを

決めるところです。

 

具体的にいうと

桁数の入力バーに「0」と入力すると

小数点第一位が切り捨てて表示されます。

 

また、「1」と入力すれば

小数点第二位を切り捨てます。

 

もう一度、確認して「OK」ボタンを押せば完了!

2015-07-09_005

「数値」と「桁数」を入力したら、

入力バーの下に計算結果のレビューが

表示されているので確認してください。

 

間違ってなければ、「OK」ボタン

クリックしましょう。

 

2015-07-09_006

そうすると

切り捨てた数値が最初に

選んだセルに表示されます。

 

 

まとめ

  1. 切り捨てる計算結果を表示するセルをクリックして選択する
  2. 「数式」タブから「数学/三角」ボタンをクリックして選択する
  3. そのメニューの中から「ROUNDDOWN」をクリックして選択する
  4. 「関数の引数」ウィンドウにて数値と切り捨てる桁数を入力する
  5. もう一度、確認して「OK」ボタンを押せば完了!
 

お疲れ様でした。

 

数値を切り捨てて

表示できましたでしょうか?

 

このROUNDDOWN関数は、

使用頻度の高い関数の一つですので

しっかりとマスターしていきましょう。

 

あなたの作業が

ストップすることなく

スムーズに進めれることを

心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ