【エクセル】日付と別のセルに曜日を自動表示させるTEXT関数の使い方

0010621日付から別のセルへ曜日を自動表示できれば
曜日を入力する手間を省略できます。

ですが、
『日付と別のセルに曜日を自動表示するには
どうすればいいの?』

と頭を抱える人も多いでしょう。



そこで今回は、
「日付と別のセルに曜日を自動表示させるTEXT関数の使い方」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

日付と別のセルに曜日を自動表示させるTEXT関数の使い方

20150808010

それでは始めていきましょう!

曜日を表示させるセルをクリックして選択する

2015-08-08_1930

はじめに曜日を自動表示させるセルを
クリックして選択しましょう。

 

「数式」タブの「文字列操作」ボタンをクリックして選択する

2015-07-26_1101

曜日を自動表示させるセルを選択したら
「数式」タブにある「文字列操作」
クリックして選択してください。

 

リストの中から「TEXT」をクリックして選択する

2015-08-08_1931

「文字列操作」をクリックすると
「文字列操作」関数リストが出てきます。

そのリストの中から「TEXT」
クリックして選択します。

 

「数値」部分へ日付のセル、「表示形式」部分へ「aaaa」を入力する

2015-08-08_1933

「TEXT」をクリックすると
「関数の引数」ウィンドウが
出てきます。

 

2015-08-08_1932

そのウィンドウ内にある
「数値」部分へ日付の入ったセルを
クリックして入れてください。

そして、「表示形式」部分へ
「aaaa」と入力します。

 

確認したら「OK」ボタンをクリックして確定する

2015-08-08_1934

「関数の引数」ウィンドウの
「数値」「表示形式」部分を入力したら
「OK」ボタンをクリックして確定させます。

 

ほかのセルへ関数式をコピーする

2015-08-08_1935

「OK」ボタンをクリックしたら
最初に選択したセルへ曜日が
表示されます。

 

2015-08-08_1936

セルに曜日が表示されたら
ほかのセルにもTEXT関数式を
コピーしたら出来上がります。

 

まとめ

  1. 曜日を表示させるセルをクリックして選択する
  2. 「数式」タブの「文字列操作」ボタンをクリックして選択する
  3. リストの中から「TEXT」をクリックして選択する
  4. 「数値」部分へ日付のセル、「表示形式」部分へ「aaaa」を入力する
  5. 確認したら「OK」ボタンをクリックして確定する
  6. ほかのセルへ関数式をコピーする
 

お疲れ様でした。

日付と別のセルへ曜日を自動表示することは
できましたでしょうか?

一度関数式を挿入すれば、
次回からは曜日を入力しなくても
良くなるので活用していきましょう。

あなたの作業が、今よりも効率的に
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ