【エクセル2007】図形内にある文字を回転させるには?

rp_0040618-150x150.jpg図形に文字を入れれば
わかりやくなりますが、
目立ちにくい時もあります。

図形内の文字を回転させられたら
文字も目立つようになり
見やすい書類ができるようになるでしょう。



だがしかし、
『図形内の文字を回転させるには
どうすればいいの?』

と困っている人もいるでしょう。

そこで今回は、
「図形内の文字を回転させるやり方」
をご紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

図形内の文字を回転させるやり方

20150818001

図形内の文字を回転させるには、
次の操作手順を行ってください。

図形を挿入し図形内に文字を入力する

2015-07-19_225650

ワークシート上に図形を
挿入したら図形内に文字を
入力しましょう。

 

「書式」タブの「ワードアート スタイル」グループの右下アイコンをクリックする

2015-08-17_182125

リボンの中に「書式」タブがあり、
その中に「ワードアート スタイル」
グループがあります。

 

2015-08-17_182124

「ワードアート スタイル」グループの
右下にあるアイコン
クリックしてください。

 

「テキスト効果の設定」が表示され、「3-D回転」の「回転」欄で調整する

2015-08-17_181507

「ワードアート スタイル」グループの
右下にあるアイコンをクリックしたら
「テキスト効果の設定」画面が
表示されています。

表示されている中から
「3-D回転」をクリックして
「回転」欄で文字の調整を行います。

 

2015-08-17_181621

今回は、「Z」項目を350゜で
文字を回転させます。

入力バーへ直接入力するか
その右横に付いている
上下の矢印をクリックして
調整していきましょう。

 

最後に「閉じる」ボタンを押して終了

2015-08-17_181620

文字の調整ができたら
最後に「閉じる」ボタン
クリックして終了になります。

 

2015-07-19_225821

そうすると、
図形内の文字を
回転させることができます。

 

まとめ

  1. 図形を挿入し図形内に文字を入力する
  2. 「書式」タブの「ワードアート スタイル」グループの右下アイコンをクリックする
  3. 「テキスト効果の設定」が表示され、「3-D回転」の「回転」欄で調整する
  4. 最後に「閉じる」ボタンを押して終了
 

お疲れ様でした。

図形内の文字を回転させる方法は
分かりましたか。

文字を傾けたり回転させることで
見栄えなども変わってきます。

ご紹介した方法を活用しながら
文書作成などの仕事に
役立ててください。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ