【エクセル2010】重複している行を削除するやり方

0611100データ入力をしていると、同じ内容のものを
入力してしまっている場合があります。

そんな時には重複している行を削除できれば
簡単に解決することができます。



そうはいっても、
『一つ一つ見つけて削除するのも面倒だし
簡単に重複している行を削除できないの?』

と頭を抱える人も多いでしょう。

そこで今回は、
「重複している行を削除するやり方」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

重複している行を削除するやり方

20150827004

それでは始めていきましょう!

重複している行を削除する表のセルを1つクリックして選ぶ

2015-08-27_13001

まずは重複している行を削除する表のセルを
1つクリック
して選びましょう。

表内のセルであれば
どのセルでも大丈夫です。

 

「データ」タブをクリックして選ぶ

2015-08-15_14002

表のセルを1つ選んだら、
「データ」タブをクリックして
選んでください。

 

「データツール」グループの「重複の削除」ボタンをクリックして選ぶ

2015-08-27_13002

「データ」タブを選んだら、
タブ内にある「データツール」グループの
「重複の削除」ボタンをクリックして
選びます。

 

重複項目以外のチェックをクリックして外す

2015-08-27_13003

「重複の削除」ボタンを選んだら
「重複の削除」ダイアログが表示されます。

 

2015-08-27_13004

そのダイアログ内に表項目のメニューが
出ているので、削除したい重複項目以外の
チェック
をクリックして外しましょう。

 

「重複の削除」ダイアログの「OK 」ボタンをクリックして選ぶ

2015-08-27_13005

表項目のメニューから重複項目以外の
チェックを外したら、「重複の削除」
ダイアログの「OK 」ボタン
クリックして選んでください。

 

もう一度、「OK 」ボタンをクリック選ぶ

2015-08-27_13007

「重複の削除」ダイアログの「OK 」ボタンを
選んだら、削除の個数と残った値の個数が
表示されたダイアログが出てきます。

そのダイアログ内の「OK 」ボタン
クリックして選びます。

 

2015-08-27_13008

そうすると、その表内にある
重複している行を削除することができます。

 

まとめ

  1. 重複している行を削除する表のセルを1つクリックして選ぶ
  2. 「データ」タブをクリックして選ぶ
  3. 「データツール」グループの「重複の削除」ボタンをクリックして選ぶ
  4. 重複項目以外のチェックをクリックして外す
  5. 「重複の削除」ダイアログの「OK 」ボタンをクリックして選ぶ
  6. もう一度、「OK 」ボタンをクリック選ぶ
 

お疲れ様でした。

重複している行を削除することは
できましたでしょうか?

「データ」タブの重複の削除機能を使えば
簡単に重複している行を削除できるので
活用していきましょう。

あなたのお仕事が、快適でスムーズに
進められることを心より応援しております。

 

重複なしでデータ抽出をするやり方

重複しているセルを色付けする条件付き書式の使い方
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ