【エクセル2007】円グラフの作り方

01561354エクセルで表を作った際に数値だけで
比較をしたりすると、見落としたり
変化に気づけなかったりします。

数値のデータをグラフ化にすることで、
視覚で直感的に理解することができます。



しかし、
『どうすれば円グラフを
作ることができるの?』

と頭を抱えている人もいるでしょう。

そこで今回は、
「円グラフの作り方」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

円グラフの作り方

20150908001

それでは円グラフの作り方について
始めていきましょう!

円グラフを作成したい表のセル範囲をドラッグする

2015-09-10_171034

まずは円グラフを作成したい表のセル範囲を
ドラッグしましょう。

 

2015-09-10_171114

もしも、項目とデータ範囲が離れていた場合は
項目のセル範囲をドラッグしましょう。

 

2015-09-10_171136

項目のセル範囲をドラッグし終わったら
キーボードにある「Ctrl」キーを押した
状態のままでデータのセル範囲をドラッグ
してください。

 

「挿入」タブをクリックして移動する

2015-08-21_181518

円グラフを作成したい表のセル範囲を
ドラッグしたら、次に「挿入」タブ
クリックして移動します。

 

「グラフ」グループの「円」ボタンをクリックする

2015-09-10_171220

「挿入」タブへ移動したら
「グラフ」グループの中にある
「円」をクリックしてください。

 

一覧の中から好きな円グラフの種類をクリックして確定する

2015-09-10_171245

「円」をクリックすると、円グラフの
種類の一覧が表示されます。

その表示された一覧の中から
作りたい円グラフの種類
クリックしましょう。

 

2015-09-10_171954

今回は、「2-D円」の中の「円」を選びます。

 

2015-09-10_172143

そうすると、ワークシート上に
円グラフを作成することができます。

 

まとめ

  1. 円グラフを作成したい表のセル範囲をドラッグする
  2. 「挿入」タブをクリックして移動する
  3. 「グラフ」グループの「円」ボタンをクリックする
  4. 一覧の中から好きな円グラフの種類をクリックして確定する
 

お疲れ様でした。

円グラフを作ることは
できたでしょうか。

円グラフを作る際は、「挿入」タブにある
「グラフ」グループの機能を用いれば
作れるので活用していきましょう。

あなたのお仕事が止まることなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ