【エクセル2013】セル内にグラフを作成する方法

01561354グラフを挿入すると見やすくなりますが、
セルに収まるようなグラフを作りたい時が
あります。

そんな時にはスパークラインのグラフを
作れば解決できます。



そうはいっても、
『どうやったらスパークラインの
グラフを作れるの?』

と困っている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「セル内にグラフを作成する方法」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

セル内にグラフを作成する方法

20150929005

それでは始めていきましょう!

グラフを作成したいセル範囲をドラッグして選択する

2015-09-29_055136

まずはグラフを作成したいセル範囲
ドラッグして選択しましょう。

 

「挿入」タブをクリックして選択する

2015-08-30_09002

グラフを作成したいセル範囲を選択したら
「挿入」タブをクリックして選択します。

 

「スパークライン」グループから作成したいグラフをクリックして選択する

2015-09-29_055247

「挿入」タブを選択したら、
「スパークライン」グループから作成したい
グラフ
をクリックして選択してください。

 

「データ範囲」欄でグラフデータの範囲をドラッグして選択する

2015-09-29_055307

作成したいグラフを選択すると
「スパークラインの作成」画面を
表示されます。

 

2015-09-29_055339

その画面内の「データ範囲」欄
グラフデータの範囲をドラッグして
選択しましょう。

 

「スパークラインの作成」画面の「OK」ボタンをクリックして選択する

2015-09-29_055406

グラフデータの範囲を選択したら
「スパークラインの作成」画面の
「OK」ボタンをクリックして選択
してください。

 

2015-09-29_055430

そうすると、セル内にスパークラインの
グラフが表示されます。

しかし、表示されたグラフは縦軸が自動生成
されたものなので、グラフごとの縦軸の数値
が同じではありません。

ですので、
グラフごとの縦軸を統一してグラフの
縦軸の数値を統一する設定をします。

 

「スパークラインツール」の「デザイン」タブをクリックして選択する

2015-09-29_055448

スパークラインのグラフが表示されたら
「スパークラインツール」の「デザイン」
タブ
をクリックして選択しましょう。

 

「グループ」の「軸」ボタンをクリックして選択する

2015-09-29_055507

「デザイン」タブを選択したら、
「グループ」にある「軸」ボタン
クリックして選択します。

 

「縦軸の最小値のオプション」の「すべてのスパークラインで同じ値」をクリックして選択する

2015-09-29_055532

「グループ」の「軸」ボタンを選択したら
軸の設定リストが表示されます。

 

2015-09-29_055554

その中から「縦軸の最小値のオプション」
「すべてのスパークラインで同じ値」
クリックして選択してください。

 

「縦軸の最大値のオプション」の「すべてのスパークラインで同じ値」をクリックして完了!

2015-09-29_055611

「すべてのスパークラインで同じ値」を
選択したら「縦軸の最大値のオプション」
「すべてのスパークラインで同じ値」
クリックして選択します。

 

2015-09-29_055634

そうすると、同じ縦軸の数値となった
スパークラインのグラフを作成することが
できます。

 

まとめ

  1. グラフを作成したいセル範囲をドラッグして選択する
  2. 「挿入」タブをクリックして選択する
  3. 「スパークライン」グループから作成したいグラフをクリックして選択する
  4. 「データ範囲」欄でグラフデータの範囲をドラッグして選択する
  5. 「スパークラインの作成」画面の「OK」ボタンをクリックして選択する
  6. 「スパークラインツール」の「デザイン」タブをクリックして選択する
  7. 「グループ」の「軸」ボタンをクリックして選択する
  8. 「縦軸の最小値のオプション」の「すべてのスパークラインで同じ値」をクリックして選択する
  9. 「縦軸の最大値のオプション」の「すべてのスパークラインで同じ値」をクリックして完了!
 

お疲れ様でした。

セル内にグラフを作成することは
できましたでしょうか?

スパークラインの機能を使用すれば
セル内にグラフを作成できるので
活用していきましょう。

あなたのお仕事が、ストップすることなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ