【iPhoneエクセル】フリックしても先頭列を固定表示するやり方

66ed97ef5e6bceaafe29e4026_s画面に収まらない表のデータチェックをして
いると、途中で何の項目を確認していたか
分からなくなる時があります。

そんな時には先頭列の固定表示をして
列項目を表示して確認すれば解決できます。



これはiPhoneのエクセルアプリでも
設定が可能になっています。

ですが、
『どうすればフリックしても先頭列を
固定表示できるの?』

と頭を抱える人も多いでしょう。

そこで今回は、
「フリックしても先頭列を固定表示するやり方」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

フリックしても先頭列を固定表示するやり方

20151003001

それでは始めていきましょう!

画面上部の「A」アイコンをタップして選択する

2015-10-03 7 02 55

まずは画面上部の「A」アイコン
タップして選択してください。

 

「ホーム」タブをタップして選択する

2015-10-03 7 03 29

「A」アイコンを選択すると
画面の下部に機能のリストが出てきます。

その機能リストの左上にある「ホーム」
タブ
をタップして選択しましょう。

 

「表示」タブをタップして選択する

2015-10-03 7 03 48

「ホーム」タブをタップして選択したら
タブの一覧が出てきます。

その一覧の中にある「表示」タブ
タップして選択してください。

 

「先頭列の固定」をタップして選択する

2015-10-03 7 04 01

タブ一覧の中から「表示」タブを選択したら
機能リストが切り替わります。

 

2015-10-03 7 04 23

その切り替わった機能リストから
「先頭列の固定」をタップして選択します。
(項目の右端にチェックアイコンが
表示されます)

 

「▼」アイコンをタップして完了!

2015-10-03 7 04 47

「先頭行の固定」を選択したら
機能リストにある右上の「▼」
アイコン
をタップして選択しましょう。

 

2015-10-03 7 05 10

そうすると、フリックしても先頭列を
固定表示をすることができます。

 

まとめ

  1. 画面上部の「A」アイコンをタップして選択する
  2. 「ホーム」タブをタップして選択する
  3. 「表示」タブをタップして選択する
  4. 「先頭列の固定」をタップして選択する
  5. 「▼」アイコンをタップして完了!
 

お疲れ様でした。

先頭列を固定表示させることは
できましたでしょうか?

「表示」タブの先頭列の固定機能で
フリックしても先頭列を固定表示できるので
活用していきましょう。

あなたの作業が、ストップすることなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ