【エクセル2010】プルダウンリストで色付けする!条件付き書式設定のやり方

333プルダウンリストで入力ミスを予防
することができますが、確認する時に
ミスが発生する時があります。

プルダウンリストの項目によって
色付けることができれば、見やすくなり
確認作業のミスを予防できます。



ですが、
『どうすればプルダウンリストの項目に
よって色付けできるの?』

と困っている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「プルダウンリストの項目によって色付けするやり方」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

プルダウンリストの項目によって色付けするやり方

20151007002

それでは始めていきましょう!

色付けしたいプルダウンリストのセルをドラッグして選ぶ

2015-10-07_114401

はじめに色付けしたいプルダウンリストの
セル
をドラッグして選びましょう。

 

「ホーム」タブをクリックして選ぶ

2015-08-10_13172

プルダウンリストのセルを選んだら
「ホーム」タブをクリックして選びます。

 

「条件付き書式」ボタンをクリックして選ぶ

2015-08-27_16002

「ホーム」タブを選んだら「スタイル」
グループにある「条件付き書式」ボタン
クリックして選んでください。

 

メニューから「新しいルール」をクリックして選ぶ

2015-08-27_16003

「条件付き書式」ボタンを選ぶと
メニューが出てきます。

 

2015-10-07_114402

そのメニューの中にある
「新しいルール」をクリックして
選びましょう。

 

「指定の値を含むセルだけを書式設定」をクリックして選ぶ

2015-10-07_114403

「新しいルール」を選ぶと
「新しい書式ルール」ダイアログが
出てきます。

 

2015-10-07_114404

そのダイアログ内の
「ルールの種類を選択してください」から
「指定の値を含むセルだけを書式設定」
クリックして選びます。

 

メニューから「特定の文字列」をクリックして選ぶ

2015-10-07_114405

「指定の値を含むセルだけを書式設定」を
選ぶと「ルールの内容を編集してください」
の内容が切り替わります。

 

2015-10-07_114406

切り替わった内容の左端にある「セルの値」
を変更します。

右側の下矢印をクリックするとメニューが
出てくるので、その中から「特定の文字列」
をクリックして選びましょう。

 

入力バーへ色付けしたいプルダウンリストの項目を入力する

2015-10-07_114407

「特定の文字列」を選んだら
右側の入力バーへ色付けしたい
プルダウンリストの項目
を入力します。

今回は「未確認」と入力します。

 

「書式」ボタンをクリックして選ぶ

2015-10-07_114408

プルダウンリストの項目を入力したら
「書式」ボタンをクリックして
選んでください。

 

「塗りつぶし」タブをクリックして選ぶ

2015-10-07_114409

「書式」ボタンを選んだら
「セルの書式設定」ダイアログが
出てきます。

 

2015-10-07_114410

そのダイアログ上部にある
「塗りつぶし」タブをクリックして
選びましょう。

 

「背景色」欄で好きな色をクリックして選ぶ

2015-10-07_114411

「塗りつぶし」タブを選んだら
「背景色」欄で好きな色をクリックして
選んでください。

 

2015-10-07_114412

今回は「黄色」を選びます。

 

「セルの書式設定」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして選ぶ

2015-10-07_114413

「背景色」欄で好きな色を選んだら
「セルの書式設定」ダイアログの
「OK」ボタンをクリックして
選びましょう。

 

「新しい書式ルール」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了!

2015-10-07_114414

「セルの書式設定」ダイアログの
「OK」ボタンを選ぶとダイアログが
閉じられます。

続いて、「新しい書式ルール」ダイアログの
「OK」ボタンをクリックして選びます。

 

2015-10-07_114415

そうすると、
プルダウンリストの項目によって
色付けすることができます。

 

まとめ

  1. 色付けしたいプルダウンリストのセルをドラッグして選ぶ
  2. 「ホーム」タブをクリックして選ぶ
  3. 「条件付き書式」ボタンをクリックして選ぶ
  4. メニューから「新しいルール」をクリックして選ぶ
  5. 「指定の値を含むセルだけを書式設定」をクリックして選ぶ
  6. メニューから「特定の文字列」をクリックして選ぶ
  7. 入力バーへ色付けしたいプルダウンリストの項目を入力する
  8. 「書式」ボタンをクリックして選ぶ
  9. 「塗りつぶし」タブをクリックして選ぶ
  10. 「背景色」欄で好きな色をクリックして選ぶ
  11. 「セルの書式設定」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして選ぶ
  12. 「新しい書式ルール」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了!
 

お疲れ様でした。

プルダウンリストの項目によって
色付けすることはできましたでしょうか?

条件付き書式機能を使えば
プルダウンリストの項目によって色付け
できるので活用していきましょう。

あなたのお仕事が、今よりもスムーズに
進められることを心より応援しております。

 

プルダウンリストの作り方

プルダウンの選択リスト以外を直接入力できるようにするやり方

プルダウンリストを削除(解除)する方法
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ