【エクセル2010】プルダウンの選択リスト以外を直接入力できるようにするやり方

0611100プルダウンリストになっているセルに
選択リスト以外の項目を入力したい時が
あります。

選択リスト以外の項目を入力できれば
プルダウンリストを解除したり、
作り直したりしなくても大丈夫です。



ですが、
『プルダウンの選択リスト以外を
直接入力するにはどうすればいいの?』

と悩んでいる人も多いでしょう。

そこで今回は、
「プルダウンの選択リスト以外を直接入力できるようにするやり方」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

プルダウンの選択リスト以外を直接入力できるようにするやり方

20151010100

それでは始めていきましょう!

直接入力するプルダウンリストのセルをドラッグして選ぶ

2015-10-10_152710

まずは直接入力するプルダウンリストの
セル
をドラッグして選んでください。

 

「データ」タブをクリックして選ぶ

2015-08-15_14002

プルダウンリストのセルを選んだら
「データ」タブをクリックして選びます。

 

「データ ツール」グループの「データの入力規則」をクリックして選ぶ

2015-08-15_14003

「データ」タブを選んだら「データ ツール」
グループの「データの入力規則」をクリック
して選びましょう。

 

「エラー メッセージ」タブをクリックして選ぶ

2015-08-15_14004

「データの入力規則」を選んだら
「データの入力規則」ダイアログが
表示されます。

 

2015-10-10_152820

そのダイアログ内の「エラー メッセージ」
タブ
をクリックして選んでください。

 

「無効なデータが入力したらエラーメッセージを表示する」のチェックを外す

2015-10-10_154409

「エラー メッセージ」タブを選んだら
「無効なデータが入力したらエラー
メッセージを表示する」
のチェックが
入っています。

 

2015-10-10_152833

ですので、そのチェックをクリックして
外しましょう。

 

「データの入力規則」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了!

2015-10-10_152842

「無効なデータが入力したらエラー
メッセージを表示する」のチェックを
外したら、「データの入力規則」ダイアログ
「OK」ボタンをクリックして選びます。

そうすると、プルダウンの選択リスト以外を
直接入力することができます。

 

2015-10-10_152921

プルダウンのリストに「未確認」「確認済」
の2つを設定しますが、「再確認」
直接入力しました。

 

2015-10-10_152947

 

まとめ

  1. 直接入力するプルダウンリストのセルをドラッグして選ぶ
  2. 「データ」タブをクリックして選ぶ
  3. 「データ ツール」グループの「データの入力規則」をクリックして選ぶ
  4. 「エラー メッセージ」タブをクリックして選ぶ
  5. 「無効なデータが入力したらエラーメッセージを表示する」のチェックを外す
  6. 「データの入力規則」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了!
 

お疲れ様でした。

プルダウンの選択リスト以外を
直接入力できましたでしょうか?

「データの入力規則」機能を使えば
プルダウンの選択リスト以外を直接入力
できるので活用していきましょう。

あなたのお仕事が、つまづくことなく
進められることを心より応援しております。

 

プルダウンリストの作り方

プルダウンリストで色付けする!条件付き書式設定のやり方

プルダウンリストを削除(解除)する方法
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ