【エクセル2007】名前の定義を変更するには?

rp_0050618-150x150.jpgエクセルでは、名前の定義をつけることが
できますが、定義をしているセル範囲や
名前を変更したい時があります。

名前の定義を変更できれば
何回もし直したりせずに
使うことができます。



しかし、
『どうすれば名前の定義を
変更することができるの?』

と困っている人もいるでしょう。

そこで今回は、
「名前の定義を変更する設定方法」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

名前の定義を変更する設定方法

20151025005

それでは始めていきましょう!

「数式」タブをクリックして移動する

2015-10-16_175443

最初に「数式」タブをクリックして
移動してください。

 

「定義された名前」グループの「名前の管理」ボタンをクリックする

2015-10-17_182011

「数式」タブをクリックしたら
「定義された名前」グループの
「名前の管理」ボタンをクリック
しましょう。

 

変更する「名前の定義」をクリックする

2015-10-17_182024

「名前の管理」ボタンをクリックしたら
「名前の管理」ウィンドウが出てきます。

 

2015-10-17_182038

そのウィンドウ内の「名前の定義」の
一覧から変更する「名前の定義」
クリックしてください。

今回は「筆記」を選びます。

 

「編集」ボタンをクリックする

2015-10-21_183840

変更する「名前の定義」をクリックしたら
「名前の管理」ウィンドウ上部にある
「編集」ボタンをクリックします。

 

「名前」欄で名前を変更する(省略可)

2015-10-21_183852

「編集」ボタンをクリックしたら
「名前の変種」ウィンドウが
出てきます。

 

2015-10-21_183914

そのウィンドウ内の「名前」欄
名前の変更をしてください。

今回は「筆記女性」と入力します。
(名前を変更しない場合は
省略してもかまいません)

「参照範囲」欄でセル範囲を変更する(省略可)

2015-10-21_183928

「名前」欄で名前を変更したら
「参照範囲」欄でセル範囲を
変更します。

「参照範囲」欄の入力バー右端にある
アイコンをクリックしましょう。

 

2015-10-21_183938

「参照範囲」欄のアイコンをクリックしたら
「名前の変種-参照範囲」ウィンドウに
変わります。

 

2015-10-21_185857

ウィンドウが変わったら
変更するセル範囲をクリックしましょう。

 

2015-10-21_184119

変更するセル範囲をクリックし終わったら
ウィンドウ内の右端にあるアイコン
クリックします。

 

2015-10-21_184318

そうすると、「名前の編集」ウィンドウに
戻ります。
(セル範囲しない場合は
省略してもかまいません)

 

「名前の編集」ウィンドウの「OK」ボタンをクリックする

2015-10-21_184348

「参照範囲」欄でセル範囲を変更したら
「名前の編集」ウィンドウの「OK」ボタン
をクリックしましょう。

そうすると、名前の定義を
変更することができます。

 

「名前の管理」ウィンドウの「閉じる」ボタンをクリックして確定する!

2015-10-21_190332

名前の定義を変更できましたが、
「名前の管理」ウィンドウは
表示されたままになっています。

 

2015-10-21_184439

ですので、
「名前の管理」ウィンドウの「閉じる」
ボタン
をクリックして閉じましょう。

 

まとめ

  1. 「数式」タブをクリックして移動する
  2. 「定義された名前」グループの「名前の管理」ボタンをクリックする
  3. 変更する「名前の定義」をクリックする
  4. 「編集」ボタンをクリックする
  5. 「名前」欄で名前を変更する(省略可)
  6. 「参照範囲」欄でセル範囲を変更する(省略可)
  7. 「名前の編集」ウィンドウの「OK」ボタンをクリックする
  8. 「名前の管理」ウィンドウの「閉じる」ボタンをクリックして確定する!
 

お疲れ様でした。

名前の定義を変更することは
できましたでしょうか。

今回ご紹介した機能を使うことで
簡単に名前の定義を変更することが
できるようになります。

あなたのお仕事が、ストップすることなく
進められることを心より応援しております。

 

セル範囲に名前の定義をつける設定方法

名前の定義を消すには?
Sponsored Link

4 Responses to “【エクセル2007】名前の定義を変更するには?”

  1. 小野広士 より:

    名前定義の変更についてですが、多くの名前定義がある場合
    もっと簡単にできる方法がないでしょうか。たとえば、名前の一覧をシートに貼り付けはできるようですが、それを編集して名前定義の変更ができれば便利なのですが。

    • excelplus より:

      コメントいただき、ありがとうございます。

      定義した名前の変更であれば
      マクロの「Visual Basic」で可能です。

      ※こちらの作業を行う際は、ファイルを別名で
      保存してから行いましょう。

      多くの名前を変更するのであれば
      変更前の元データが分からなくなって
      失敗した場合に元通りにできない可能性が
      あります。

      まずは「名前の一覧」をシートへエクスポート

      >>名前の一覧をシートに貼り付けはできるようですが、

      すでにシートにエクスポートされているいれば
      こちらは省略可です。

      「開発」タブ → 「Visual Basic」をクリック



      表示されたダイアログの左側から
      「名前の一覧」を貼り付けるシートをクリック



      下記のコードをダイアログにコピペ

      ‘————————————————–

      Sub NamesListsOut()
      ‘名前定義書き出し
      Dim i As Integer
      With ActiveWorkbook
      For i = 1 To .Names.Count
       Cells(i, 1).Value = .Names(i).Name
       Cells(i, 2).Value = “‘” & .Names(i).RefersToLocal
      Next i
      End With
      End Sub

      ‘————————————————–

      実行する



      シートに貼り付けた名前の一覧が表示されます。



      A列に表示された名前を編集して変更する



      「名前の一覧」をシートからインポート

      「開発」タブ → 「Visual Basic」をクリック



      ダイアログ左側からエクスポートのコードを
      コピペしたシートをクリック



      ダイアログ右側にあるコードを全て消してから
      下記のコードをコピペ

      ‘————————————————–
      Sub NamesListsIn()
      ‘名前定義登録
      Dim n As Name
      Dim i As Integer

      With ActiveWorkbook

      ‘一旦名前定義を削除
      For Each n In .Names
       n.Delete
      Next n
      ‘登録
      On Error Resume Next
      For i = 1 To Range(“A65536″).End(xlUp).Row
        .Names.Add Cells(i, 1).Value, Cells(i, 2).Value
      Next i
      On Error GoTo 0
      End With
      End Sub

      ‘————————————————–

      実行すれば、シートで編集した名前に変更できます。

      • 小野広士 より:

        コメントありがとうございます
        >>下記のコードをダイアログにコピペSub NamesListsIn()~
        コードを実行しました。
            A               B
        ①!_FilterDatabase ‘=①!$A$1:$G$201
        ②!_FilterDatabase ‘=②!$A$1:$N$200
        管材.架橋ポリ ‘=OFFSET(サイズ!$B$3,0,0,COU
        品名・仕様     ‘=OFFSET(資材!$A$2,0,MATCH(!$G1
        この様に貼り付けされました。(省略してますが)
        ①②は作成したマクロの一部です、他が名前定義したものです。
        マクロと名前定義が混在して貼り付けられました。
        インポートも変な感じになりました。
        この操作ができれば(VBA編集)大変ありがたいのです。
        なにが間違ったのかわかりません、急ぎませんので教えてください。

        • excelplus より:

          コメントいただき、ありがとうございます。

          ご返答したコードを確認したところ、
          「'(シングルコーテーション)」と
          「”(ダブルコーテーション)」が
          半角から全角になっていました。

          正常実行されたコードを貼り付けたのですが
          コメント欄に半角で入力していてもコメントを
          サイトにアップした際に全角へ変更されて
          しまったようです。

          コメントの確認できておらず
          誠に申し訳ございません。

          それでは正常にインポート(エクスポート)
          出来なかった原因と改善方法について
          お答えしていきます。

          ※コメントいただいた症状からの原因と改善方法ですので
           これで解決できるかは確約できませんので、ご了承ください。


          ■名前が「シート名 + !_FilterDatabase」になっている原因

          >>①!_FilterDatabase ‘=①!$A$1:$G$201
          >>②!_FilterDatabase ‘=②!$A$1:$N$200


          上記が表示された原因は、
          おそらくフィルター機能を使用されているからです。

          名前の変更するファイル(ブック)で
          フィルター機能を使用したことがあれば表示されます。

          ワークシート上に名前の一覧をエクスポート(貼り付け)
          した際に表示されますが、この行は不要なので削除して
          一括削除(※)しましょう。

          変更した名前の一覧をインポートする前に
          削除していなかったため一緒にインポートされて
          変な感じになったのだと考えられます。

          ※「FilterDatabase」の行をまとめて削除する
          「Ctrl」+「F」 で検索ダイアログを表示

          「検索する文字列」欄に「FilterDatabase」を入力

          検索ダイアログの「オプション」をクリック

          「検索場所」欄を「シート」にする

          「すべて検索」ボタンをクリック

          検索ダイアログ下部に表示された検索結果をドラックして全選択

          シートの選択されたセル上で右クリック

          メニューから「削除」をクリック

          削除対象を 「列全体」 に選択して「OK」


          ■変更した名前をインポート後、参照範囲の前に「'(シングルコーテーション)」が入っている原因

          こちらは、先にお詫びしたところが原因です。

          先日ご返答したコード内にある
          全角の「'(シングルコーテーション)」と
          「”(ダブルコーテーション)」を
          半角に変更すれば消せます。

          これで解決されれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ