【エクセル2013】印刷範囲の設定をする指定方法

61d8000aa002f4794938a6b_sエクセルで作業をしていると、
シート内で印刷範囲の設定を
したい時があります。

印刷範囲を設定することが
できれば、印刷したいところだけ
出力することができます。



しかし、
『どうしたらワークシート内の
印刷範囲を指定することができるの?』

と悩んでいる人も多いでしょう。

そこで今回は、
「印刷範囲の設定をする指定方法」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

印刷範囲の設定をする指定方法

20151103002

それでは始めていきましょう!

印刷するセル範囲をドラッグして選択する

2015-10-30_213433

最初に印刷するセル範囲
ドラッグして選択しましょう。

 

「ページレイアウト」タブをクリックして選択する

2015-09-29_061832

印刷するセル範囲を選択したら
「ページレイアウト」タブをクリックして
選択してください。

 

「ページ設定」グループの「印刷範囲」ボタンをクリックして選択する

2015-10-30_213505

「ページレイアウト」タブを選択したら
「ページ設定」グループの「印刷範囲」
ボタン
をクリックして選択します。

 

項目から「印刷範囲の設定」をクリックして完了!

2015-10-30_213524

「印刷範囲」ボタンを選択したら
「印刷範囲」の機能項目が出てきます。

その項目の中から「印刷範囲の設定」
クリックして選択してください。

そうすると、最初に選択したセル範囲を
印刷範囲に設定することができます。

 

印刷範囲の設定前

2015-10-30_083121

 

印刷範囲の設定後

2015-10-30_083334

設定前では2つの表が印刷されるように
なっています。

しかし、印刷範囲を設定することで
上部の「第1回 試験点数確認表」だけを
印刷することができます。

 

まとめ

  1. 印刷するセル範囲をドラッグして選択する
  2. 「ページレイアウト」タブをクリックして選択する
  3. 「ページ設定」グループの「印刷範囲」ボタンをクリックして選択する
  4. 項目から「印刷範囲の設定」をクリックして完了!
 

お疲れ様でした。

印刷範囲の設定をすることは
できましたでしょか?

今回ご紹介した「印刷範囲」機能を
利用することで、すぐに印刷範囲を
指定することができます。

あなたの作業が、ストップすることなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ