【エクセル2010】シート内に入力した特定の文字列を検索するやり方

rp_0050618-150x150.jpgエクセルで作成した資料を修正する際に
どこに入力したか分からなくなる時が
あります。

そんな時には検索機能を使えば
簡単に解決できます。



検索機能を使えば、入力した文字が
どこにあるのか瞬時に見つけてくれます。

ですが、
『シート内に入力した特定の文字列を
検索するにはどうすればいいの?』

と困っている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「シート内に入力した特定の文字列を検索するやり方」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

シート内に入力した特定の文字列を検索するやり方

20151202001

それでは始めていきましょう!

「ホーム」タブをクリックして選ぶ

2015-08-10_13172

まずは「ホーム」タブをクリックして
選びましょう。

 

「編集」グループの「検索と選択」ボタンをクリックして選ぶ

2015-10-24_173451

「ホーム」タブを選んだら「編集」
グループの「検索と選択」ボタン
クリックして選んでください。

 

メニューから「検索」をクリックして選ぶ

2015-10-24_173506

「検索と選択」ボタンを選んだら
「検索と選択」機能のメニューが
表示されます。

 

2015-12-02_111918

その表示されたメニューの中から
「検索」をクリックして選びます。

 

「検索する文字列」欄へ探したい文字列を入力する

2015-12-02_111945

「検索」を選んだら「検索と置換」
ダイアログが表示されます。

 

2015-12-02_112004

その表示されたダイアログにある
「検索する文字列」欄へ探したい文字列
入力しましょう。

今回は「ボールペン」と入力します。

 

「すべて検索」ボタンをクリックして選ぶ

2015-12-02_112024

探したい文字列を入力したら
「すべて検索」ボタンをクリックして
選んでください。

そうすると、シート内に入力した
特定の文字列を検索することができます。

 

補足:検索した文字列を確認する

2015-12-02_112035

「すべて検索」ボタンを選んだら
「検索と置換」ダイアログの下部に
検索結果が表示されます。

 

2015-12-02_112052

ですので、下部にある検索結果
クリックして選んだら、シート上に
入力された場所まで選択カーソルが
移動できます。

 

2015-12-02_112105

また、「次に検索」ボタンをクリックして
選んだら、検索結果を順番に選択カーソルを
移動することも可能です。

 

「検索と置換」ダイアログの「閉じる」ボタンをクリックして完了!

2015-12-02_112623

特定の文字列を検索したら、
「検索と置換」ダイアログの「閉じる」
ボタン
をクリックして選びましょう。

そうすると、
シート内に入力した特定の文字列を
検索することができます。

 

まとめ

  1. 「ホーム」タブをクリックして選ぶ
  2. 「編集」グループの「検索と選択」ボタンをクリックして選ぶ
  3. メニューから「検索」をクリックして選ぶ
  4. 「検索する文字列」欄へ探したい文字列を入力する
  5. 「すべて検索」ボタンをクリックして選ぶ
  6. 「検索と置換」ダイアログの「閉じる」ボタンをクリックして完了!
 

お疲れ様でした。

シート内に入力した特定の文字列を
検索できましたでしょうか?

「ホーム」タブにある「検索」機能を使えば
シート内に特定の文字列を検索できるので
活用していきましょう。

あなたの作業が、つまづくことなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ