【エクセル2010】セル左上にある緑色の三角(エラーインジケータ)をまとめて消す設定のやり方

rp_20150607000-150x150.jpgデータ入力をしているとセル左上にある
緑色の三角(エラーインジケータ)が
表示されることがありますが、それを
消したい時があります。

そんな時には「Excelのオプション」機能で
解決できます。



とはいえ、
『セル左上にある緑色の三角
(エラーインジケータ)をまとめて
消すにはどうすればいいの?』

と困っている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「セル左上にある緑色の三角(エラーインジケータ)をまとめて消す設定のやり方」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

セル左上にある緑色の三角(エラーインジケータ)をまとめて消す設定のやり方

20151210001

それでは始めていきましょう!

「ファイル」タブをクリックして選ぶ

2015-08-14_1120

まずは「ファイル」タブをクリックして
選んでください。

 

「オプション」ボタンをクリックして選ぶ

2015-08-14_1121

「ファイル」タブを選んだら
「オプション」ボタンをクリックして
選びます。

 

「Excelのオプション」ダイアログの「数式」をクリックして選ぶ

2015-08-14_1122

「オプション」ボタンを選んだら
「Excelのオプション」ダイアログが
表示されます。

 

2015-12-10_074848

その表示されたダイアログの左側にある
「数式」をクリックして選びましょう。

 

「バックグラウンドでエラーチェックを行う」のチェックを外す

2015-12-10_074904

「数式」を選んだらダイアログ右側の
「エラーチェック」欄に「バック
グラウンドでエラーチェックを行う」

あります。

 

2015-12-10_074921

ですので、そのチェックをクリックして
外してください。

 

「Excelのオプション」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了!

2015-12-10_074929

「バックグラウンドでエラーチェックを
行う」のチェックを外したら、「Excelの
オプション」ダイアログの「OK」ボタン
クリックして選びましょう。

そうすると、
セル左上にある緑色の三角(エラー
インジケータ)をまとめて消すことが
できます。

 

設定前

2015-12-10_074807

設定後

2015-12-10_074939

 

まとめ

  1. 「ファイル」タブをクリックして選ぶ
  2. 「オプション」ボタンをクリックして選ぶ
  3. 「Excelのオプション」ダイアログの「数式」をクリックして選ぶ
  4. 「バックグラウンドでエラーチェックを行う」のチェックを外す
  5. 「Excelのオプション」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了!
 

お疲れ様でした。

セル左上にある緑色の三角(エラー
インジケータ)をまとめて消すことが
できましたでしょうか?

「Excelのオプション」機能を使えば
セル左上にある緑色の三角(エラー
インジケータ)をまとめて消せるので
活用していきましょう。

あなたの作業が、つまづくことなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ