【エクセル2013】シートの保護をする方法

bfc9265841393a8ca2f11cf4a1d6_sエクセルに入力した様式を他の人が
書式などを編集できないようにしたい
時があります。

そのような場合は「シートの保護」
機能を使用すれば解決することが
できます。



そうはいっても、
『どうすればシートの保護を
することができるの?』

と頭を抱えている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「シートの保護をする方法」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

シートの保護をする方法

20151218004

それでは始めていきましょう。

シートの保護をしても編集したいセル範囲をドラッグして選択する

2015-12-14_214641

最初にシートの保護をしても
編集したいセル範囲
をドラッグして
選択しましょう。

 

「ホーム」タブをクリックして選択する

2015-08-14_0711

シートの保護をしても編集したい
セル範囲を選択したら、「ホーム」
タブ
をクリックして選択してください。

 

「セル」グループの「書式」ボタンをクリックして選択する

2015-12-14_215244

「ホーム」タブを選択したら
「セル」グループの「書式」ボタン
クリックして選択します。

 

項目から「シートの保護」をクリックして選択する

2015-12-14_215300

「書式」ボタンを選択したら
書式機能の項目が開きます。

 

2015-12-14-215313

その開いた項目の中から
「シートの保護」をクリックして
選択しましょう。

 

「シートの保護を解除するためのパスワード」欄にパスワードを入力する(省略可)

2015-12-14-215301

「シートの保護」を選択したら
「シートの保護」画面が開きます。

 

2015-12-14-215302

その画面内にある「シートの保護を
解除するためのパスワード」欄に
ボックスにパスワードを入力してください。
(パスワードを設定しないのであれば
省略してもかまいません)

 

「このシートのすべてのユーザーに許可する操作」にある任意の項目にチェックを入れる(省略可)

2015-12-14-215303

ボックスにパスワードを入力できたら
「このシートのすべてのユーザーに許可する
操作」にある任意の項目にチェック
入れましょう。
(特に変更がなければ省略しても
かまいません)

 

「シートの保護」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!

2015-12-14-215304

任意の項目にチェックを入れたら
「シートの保護」画面の「OK」
ボタン
をクリックして選択してください。

そうすると、
シートの保護をすることができます。

 

2015-12-14-215305

もし、保護されているセルを編集しようと
すれば上のような画面が表示されます。

 

補足1:解除するパスワードを設定した時には?

シートの保護を解除するパスワードを
設定したら、こちらの操作も行います。

もう一度、パスワードを入力する

2015-12-14-215306

「シートの保護を解除するための
パスワード」欄にパスワードを
入力したら「パスワードの確認」
画面が開きます。

 

2015-12-14-215307

ですので、「シートの保護を解除する
ためのパスワード」欄に入力した
パスワードをもう一度入力しましょう。

 

「パスワードの確認」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!

2015-12-14-215308

もう一度、パスワードを入力したら
「パスワードの確認」画面の「OK」
ボタン
をクリックします。

そうすると、
シートの保護をすることができます。

 

補足2:「ファイル」タブからシートを保護する方法

「ファイル」タブ経由からのシートの
保護の方法をついてご説明していきます。

「ファイル」タブをクリックして選択する

2015-08-14_07012

最初に「ファイル」タブ
クリックして選択します。

 

「ブックの保護」ボタンをクリックして選択する

2015-12-14-215309

「ファイル」タブをクリックしたら
「ブックの保護」ボタンをクリックして
選択しましょう。

 

項目から「現在のシートの保護」をクリックして選択する

2015-12-14-215310

「ブックの保護」ボタンをクリックしたら
ブックの保護機能項目が開きます。

 

2015-12-14-215311

その項目から「現在のシートの保護」
クリックして選択してください。

そうすると、「シートの保護」ウィンドウが
開いているので設定を行いましょう。

 

補足3:「校閲」タブからシートを保護する方法

「校閲」タブ経由からのシートの
保護の方法をついてご説明していきます。

「校閲」タブをクリックして選択する

2015-09-17_02

最初に「校閲」タブをクリックして
選択しましょう。

 

「変更」グループの「シートの保護」をクリックして選択する

2015-12-14-215312
「校閲」タブをクリックしたら
「変更」グループの「シートの保護」
クリックして選択してください。

そうすると、「シートの保護」ウィンドウが
開いているので設定を行いましょう。

 

まとめ

  1. シートの保護をしても編集したいセル範囲をドラッグして選択する
  2. 「ホーム」タブをクリックして選択する
  3. 「セル」グループの「書式」ボタンをクリックして選択する
  4. 項目から「シートの保護」をクリックして選択する
  5. 「シートの保護を解除するためのパスワード」欄にパスワードを入力する(省略可)
  6. 「このシートのすべてのユーザーに許可する操作」にある任意の項目にチェックを入れる(省略可)
  7. 「シートの保護」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!
 

お疲れ様でした。

シートの保護をすることは
できましたでしょうか?

今回ご紹介した「シートの保護」
機能ですぐにシートの保護をする
ことができます。

あなたの作業が、手を止めることなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ