【エクセル2013】テキストボックスにある文字の行間を狭くする方法

333エクセルのシート上に文字を入力した
際にテキストボックスにある文字の
行間を狭くしたい時があります。

そのような場合は「段落」機能を
使用すれば解決することができます。



そうはいっても、
『どうすればテキストボックスにある
文字の行間を狭くすることができるの?』

と頭を抱えている人も多いでしょう。

そこで今回は
「テキストボックスにある文字の行間を狭くする方法」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

テキストボックスにある文字の行間を狭くする方法

20160104001

それでは始めていきましょう。

行間を狭くする文字列をドラッグして選択する

2016-01-01_212121

最初にテキストボックスの行間を
狭くする文字列
をドラッグして
選択しましょう。

 

行間を狭くする文字列の上で右クリックする

2016-01-01_212130

行間を狭くする文字列を選択したら
その上で右クリックしてください。

 

項目から「段落」をクリックして選択する

2016-01-01_212148

テキストボックスを右クリックすると
機能の項目が開きます。

その項目の中から「段落」
クリックして選択しましょう。

 

「間隔」欄の「行間」項目を「固定値」へクリックして変更する

2016-01-01_212159

「段落」を選択したら、
「段落」画面が開きます。

その画面内にある「間隔」欄の
「行間」項目を「固定値」へ変更します。

 

2016-01-01_212219

「1行」と表示している右側の
下矢印をクリックして選択します。

 

2016-01-01_212245

右側の下矢印を選択したら
項目が開いているのでその中にある
「固定値」をクリックして選択しましょう。

 

「間隔」欄の「間隔」項目を文字のフォントサイズと合わせる

2016-01-01_212443

「行間」項目を「固定値」へ変更したら
「間隔」欄の「間隔」項目を文字の
フォントサイズ
と合わせてください。

今回は、テキストボックスに入力した
文字のフォントサイズが「11」なので
「間隔」項目に同じフォントサイズ
入力します。

 

「段落」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!

2016-01-01_212443

「間隔」項目に同じフォントサイズを
入力したら、「段落」画面の「OK」
ボタン
をクリックして選択します。

 

2016-01-01_212453

そうすると、テキストボックスにある
文字の行間を狭くすることができます。

 

まとめ

  1. 行間を狭くする文字列をドラッグして選択する
  2. 行間を狭くする文字列の上で右クリックして選択する
  3. 項目から「段落」をクリックして選択する
  4. 「間隔」欄の「行間」項目を「固定値」へクリックして変更する
  5. 「間隔」欄の「間隔」項目を文字のフォントサイズと合わせる
  6. 「段落」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!
 

お疲れ様でした。

テキストボックスにある文字の行間を
狭くすることはできましたでしょうか?

今回ご紹介した「段落」機能を使用すれば
テキストボックスにある文字の行間を
狭くすることができます。

あなたの作業が、手を止めることなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ