【エクセル2013】セルのエラー表示を非表示にして印刷する方法

61d8000aa002f4794938a6b_sワークシート上で資料などを作成した際に
セル内に入力した数値などがエラー表示され
正しく表示されない時があります。

そのような場合は「ページ設定」
機能を使用すれば解決できます。



そうはいっても、
『どうすればセルのエラー表示を
印刷しないようにできるの?』

と頭を抱えている人も多いでしょう。

そこで今回は
「セルのエラー表示を非表示にして印刷する方法」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

セルのエラー表示を非表示にして印刷する方法

20151231005

それでは始めていきましょう。

「ページレイアウト」タブをクリックして選択する

2015-09-29_061832

最初に「ページレイアウト」タブ
クリックして選択しましょう。

 

「シートのオプション」グループ右下のアイコンをクリックして選択する

2015-12-28_203247

「ページレイアウト」タブを選択したら
「シートのオプション」グループ右下の
アイコン
をクリックして選択します。

 

「セルのエラー」欄のドロップダウンリストをクリックして選択する

2015-12-28_203302

「シートのオプション」グループ右下の
アイコンを選択したら、「ページ設定」
画面が開きます。

 

2015-12-28_203315

その開いた画面にある「セルのエラー」
欄のドロップダウンリスト
をクリックして
選択してください。

 

項目から「<空白>」をクリックして選択する

2015-12-28_203331

ドロップダウンリストを選択したら
「セルのエラー」欄の項目が開きます。

 

2015-12-28_203339

その開いた項目の中から
「<空白>」をクリックして
選択しましょう。

 

「ページ設定」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!

2016-01-03_191809

「<空白>」を選択したら「ページ設定」
画面の「OK」ボタンをクリックして
選択してください。

そうすると、セルのエラー表示を
非表示にして印刷することができます。

 

まとめ

  1. 「ページレイアウト」タブをクリックして選択する
  2. 「シートのオプション」グループ右下のアイコンをクリックして選択する
  3. 「セルのエラー」欄のドロップダウンリストをクリックして選択する
  4. 項目から「<空白>」をクリックして選択する
  5. 「ページ設定」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!
 

お疲れ様でした。

セルのエラー表示を非表示にして印刷する
ことはできましたでしょうか?

今回ご紹介した「ページ設定」機能を
用いれば簡単にセルのエラー表示を
非表示にして印刷することができます。

あなたの作業が、今よりもスムーズに
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ