【エクセル】表にある「◯(丸印)」の数をカウントして合計を求める計算方法

20150607000表計算をしている際に入力された
「◯(丸印)」の数をカウントしたい時が
あります。

そんな時にはCOUNTIF関数を使用すれば
解決できます。



とはいえ、
『表にある「◯(丸印)」の数を
カウントして合計を求めるには
どうすればいいの?』

と悩んでいる人も多いでしょう。

そこで今回は、
「表にある「◯(丸印)」の数をカウントして合計を求める計算方法」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

表にある「◯(丸印)」の数をカウントして合計を求める計算方法

20160105001

それでは始めていきましょう!

「◯(丸印)」の合計を表示するセルをクリックして選択する

2016-01-05_110545

はじめに「◯(丸印)」の合計を表示する
セル
をクリックして選択してください。

 

「数式」タブをクリックして選択する

2015-10-16_112753

「◯(丸印)」の合計を表示するセルを
選択したら「数式」タブをクリックして
選択しましょう。

 

「その他の関数」アイコンをクリックして選択する

2015-12-14_105446

「数式」タブを選択したら
「関数ライブラリ」グループにある
「その他の関数」アイコンをクリック
して選択します。

 

メニューの「統計」にマウスポインタを合わせる

2015-12-14_105456

「その他の関数」アイコンを選択したら
メニューが表示されます。

 

2015-12-14_105511

その表示されたメニューの中にある
「統計」にマウスポインタを合わせて
ください。

 

メニューから「COUNTIF」をクリックして選択する

2016-01-05_110643

「統計」にマウスポインタを合わせたら
さらにメニューが表示されます。

その表示されたメニューの中から
「COUNTIF」をクリックして選択します。

 

「範囲」欄にカウントするセル範囲をドラックして選択する

2016-01-05_110700

「COUNTIF」を選択したら
「関数の引数」ダイアログが表示されます。

 

2016-01-05_110718

そのダイアログ内にある「範囲」欄に
カウントするセル範囲をドラックして
選択しましょう。

 

「検索条件」欄に「”◯”」を入力する

2016-01-05_110739

カウントするセル範囲を選択したら
「検索条件」欄に「”◯”」を入力します。

「”(半角ダブルコーテーション)」
「◯」を挟むように入力しましょう。

 

「関数の引数」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして完了!

2016-01-05_110749

「”◯”」を入力したら、「関数の引数」
ダイアログの「OK」ボタンをクリックして
選択してください。

 

2016-01-05_110803

そうすると、表にある「◯(丸印)」の数を
カウントして合計を求めることができます。

 

まとめ

  1. 「◯(丸印)」の合計を表示するセルをクリックして選択する
  2. 「数式」タブをクリックして選択する
  3. 「その他の関数」アイコンをクリックして選択する
  4. メニューの「統計」にマウスポインタを合わせる
  5. メニューから「COUNTIF」をクリックして選択する
  6. 「範囲」欄にカウントするセル範囲をドラックして選択する
  7. 「検索条件」欄に「”◯”」を入力する
  8. 「関数の引数」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして完了!
 

お疲れ様でした。

表にある「◯(丸印)」の数をカウントして
合計を求められましたでしょうか?

COUNTIF関数を使用すれば表にある
「◯(丸印)」の数をカウントして合計を
求められるので活用していきましょう。

あなたの作業が、ストップすることなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ