【エクセル】時間を15分単位で切り捨てるFLOOR関数を使った計算方法

0621000エクセルを使って時間の計算を
していたら、15分単位で切り捨てた
時間を求めたい時があります。

そんな時にはFLOOR関数を使えば
解決できます。



とはいえ、
『時間を15分単位で切り捨てるには
どうすればいいの?』

と困っている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「時間を15分単位で切り捨てるFLOOR関数を使った計算方法」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

時間を15分単位で切り捨てるFLOOR関数を使った計算方法

2016-0221002

それでは始めていきましょう!

15分単位で切り捨てた時間を表示するセルをクリックして選ぶ

2016-02-21_120403

最初に15分単位で切り捨てた時間を
表示するセル
をクリックして選んで
ください。

 

「数式」タブをクリックして選ぶ

2015-10-16_112753

15分単位で切り捨てた時間を表示する
セルを選んだら、「数式」タブをクリック
して選びます。

 

「数学/三角」ボタンをクリックして選ぶ

2016-02-21_111505

「数式」タブを選んだら「関数ライブラリ」
グループ内にある「数学/三角」ボタン
クリックして選びましょう。

 

メニューから「FLOOR」をクリックして選ぶ

2016-02-21_111523

「数学/三角」ボタンを選んだら
「数学/三角」の関数メニューが
表示されます。

 

2016-02-21_120455

その表示されたメニューの中から
「FLOOR」をクリックして選んで
ください。

 

「数値」欄の入力ボックスをクリックして選ぶ

2016-02-21_120512

メニューから「FLOOR」を選んだら
「関数の引数」ダイアログが表示されます。

 

2016-02-21_120527

その表示されたダイアログ内にある
「数値」欄の入力ボックスをクリック
して選びます。

 

時間を15分単位で切り捨てたいセルをクリックして選ぶ

2016-02-21_120538

「数値」欄の入力ボックスを選んだら
時間を15分単位で切り捨てたいセル
クリックして選びましょう。

 

「基準値」欄の入力ボックスに「”0:15″」(半角入力)と入力する

2016-02-21_120606

時間を15分単位で切り捨てたいセルを
選んだら「関数の引数」ダイアログにある
「基準値」欄の入力ボックスに「”0:15″」
(半角入力)
と入力しましょう。

「”(半角ダブルコーテーション)」で
単位の時間を挟むのを忘れないように
注意してください。

 

「関数の引数」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了!

2016-02-21_120617

「基準値」欄の入力ボックスに「”0:15″」
(半角入力)を入力したら「関数の引数」
ダイアログの「OK」ボタンをクリックして
選びます。

 

2016-02-21_120630

そうすると、時間を15分単位で
切り捨てることができます。

 

まとめ

  1. 15分単位で切り捨てた時間を表示するセルをクリックして選ぶ
  2. 「数式」タブをクリックして選ぶ
  3. 「数学/三角」ボタンをクリックして選ぶ
  4. メニューから「FLOOR」をクリックして選ぶ
  5. 「数値」欄の入力ボックスをクリックして選ぶ
  6. 時間を15分単位で切り捨てたいセルをクリックして選ぶ
  7. 「基準値」欄の入力ボックスに「”0:15″」(半角入力)と入力する
  8. 「関数の引数」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了!
 

お疲れ様でした。

時間を15分単位で切り捨てることは
できましたでしょうか?

FLOOR関数を使えば時間を
15分単位で切り捨てることが
できるので活用していきましょう。

あなたの作業が、つまづくことなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ