【エクセル2010】数式バーに改行で入力した文字を全て表示するやり方

rp_0050618-150x150.jpgエクセルでデータを入力していると
数式バーに改行で入力した文字を
全て表示したい時があります。

そんな時には3つのやり方の
どれかを使えば解決できます。



数式バーに改行で入力した文字を
全て表示できれば、数式バーでの
確認や編集を見やすくできます。

とはいえ、
『数式バーに改行で入力した文字を
全て表示するにはどうすればいいの?』

と困っている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「数式バーに改行で入力した文字を全て表示するやり方」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

数式バーに改行で入力した文字を全て表示するやり方

2016-0307001

それでは始めていきましょう!

数式バーの下部をドラッグして選ぶ

最初に数式バーの下部をドラッグする
やり方からご説明していきます。

 

2016-03-07_115555

数式バーの下部をドラッグして
選びましょう。

 

2016-03-07_115614

そうすると、数式バーに改行で
入力した文字を全て表示することが
できます。

 

「数式バーの展開」アイコンをクリックして選ぶ

次に「数式バーの展開」アイコンを
クリックするやり方についてご説明して
いきます。

 

2016-03-07_115818

数式バーの一番右側にある
「数式バーの展開」アイコン
クリックして選んでください。

 

2016-03-07_115614

そうすると、数式バーに改行で
入力した文字を全て表示することが
できます。

 

「数式バーの展開」を解除するやり方

2016-03-07_115848

「数式バーの展開」を解除するには
「数式バーの折りたたみ」アイコン
クリックして選びます。

そうすると、「数式バーの展開」を
解除することができます。

 

「Ctrl」+「Shift」+「U」キーを押す

最後にショートカットキーを
使うやり方についてご説明して
いきます。

 

キーボードにある「Ctrl」+「Shift」
+「U」キー
を押しましょう。

 

2016-03-07_115614

そうすると、数式バーに改行で
入力した文字を全て表示することが
できます。

 

※数式バーの表示を元に戻すには
キーボードの「Ctrl」+「Shift」
+「U」キー
を押します。

そうすると、数式バーの表示を
元に戻すことができます。

 

まとめ

  • 数式バーの下部をドラッグして選ぶ
  • 「数式バーの展開」アイコンをクリックして選ぶ
  • 「Ctrl」+「Shift」+「U」キーを押す
 

お疲れ様でした。

数式バーに改行で入力した文字を
全て表示できましたでしょうか?

今回ご紹介した3つやり方を使えば
数式バーに改行で入力した文字を
全て表示できるので活用していきま
しょう。

あなたのお仕事が、つまづくことなく
進められることを心より応援しております。

 

セル内の文字を改行するやり方

セル内の改行を削除するやり方
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ