【エクセル2013】1000円未満の金額を表示しないようにする方法

rp_0050618-150x150.jpgエクセルで表を作成している際に
1000円未満の金額を表示しないように
したい時があります。

そのような場合は「セルの書式設定」機能を
使用すれば悩みを解決できます。



そうはいっても、
『どうすれば1000円未満の金額を表示
しないようにすることができるの?』

と頭を抱えている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「1000円未満の金額を表示しないようにする方法」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

1000円未満の金額を表示しないようにする方法

2016-0314003

それでは始めていきましょう。

1000円未満を表示しないセル範囲をドラッグして選択する

2016-03-09_083137

最初に1000円未満を表示しない
セル範囲
をドラッグして選択します。

 

「ホーム」タブをクリックして選択する

2015-08-14_0711

1000円未満を表示しないセル範囲を
選択したら「ホーム」タブ
クリックして選択します。

 

「数値」グループ右下のアイコンをクリックして選択する

2016-03-09_083420

「ホーム」タブへ選択したら「数値」
グループ右下のアイコン
をクリック
して選択しましょう。

 

項目の「ユーザー定義」をクリックして選択する

2016-03-09_083451

「数値」グループ右下のアイコンを
選択したら「セルの書式設定」画面が
開きます。

 

2016-02-02_223604

「セルの書式設定」画面が開き
左側の「ユーザー定義」
クリックして選択しましょう。

 

「種類」欄の入力ボックスに「#,###,」を入力する

2016-03-09_094441

項目の「ユーザー定義」を選択したら
画面右側にある「種類」欄の入力
ボックスに「#,###,」(半角)
入力します。

 

「セルの書式設定」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!

2016-03-09_094458

「種類」欄の入力ボックスに「#,###,」を
入力したら「セルの書式設定」画面の
「OK」ボタンをクリックして選択
しましょう。

 

2016-03-09_083553

そうすると、
1000円未満の金額を表示しないように
することができます。

 

補足:端数がある場合にはどうなるの?

1000円未満の値がセルに入力していれば
四捨五入されて表示されます。

たとえば、百の位が「700」「600」の場合
表示される値が「1」大きくなります。

それとは反対に百の位が「400」「100」で
あれば、値(百の位)は切り捨てられます。

 

まとめ

  1. 1000円未満を表示しないセル範囲をドラッグして選択する
  2. 「ホーム」タブをクリックして選択する
  3. 「数値」グループ右下のアイコンをクリックして選択する
  4. 項目の「ユーザー定義」をクリックして選択する
  5. 「種類」欄の入力ボックスに「#,###,」を入力する
  6. 「セルの書式設定」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!
 

お疲れ様でした。

1000円未満の金額を表示しないようにする
ことはできましたでしょうか?

今回ご紹介した「セルの書式設定」機能を
使用すれば1000円未満の金額を表示しない
ようにすることができます。

あなたの作業が、手を止めることなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ