【エクセル2013】ピボットテーブルの元データを範囲変更する方法

2016-070552145214エクセルで書類などを作成していると
ピボットテーブルの元データを範囲変更
したい時があります。

そのような場合は「データ ソースの変更」
機能を使用すれば悩みを解決することが
できます。



そうはいっても、
『どうすればピボットテーブルの
元データを範囲変更ことができるの?』

と頭を抱えている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「ピボットテーブルの元データを範囲変更する方法」
について紹介します。

 

Sponsored Link

ピボットテーブルの元データを範囲変更する方法

2016-071104

それでは始めていきましょう。

元データ範囲を変更するピボットテーブルのセルをクリックして選択する

2016-07-11_210038

最初に元データ範囲を変更する
ピボットテーブルのセル
をクリック
して選択します。

 

「ピボットテーブル ツール」の「分析」タブをクリックして選択する

2016-07-08_201506

元データ範囲を変更するピボットテーブルの
セルを選択したら、「ピボットテーブル
ツール」の「分析」タブをクリックして
選択してください。

 

「データ ソースの変更」アイコンをクリックして選択する

2016-07-11_210305

「分析」タブを選択したら「データ」
グループにある「データ ソースの変更」
アイコン
をクリックして選択しましょう。

 

変更するデータのセル範囲をドラッグして選択する

2016-07-11_210325

「データ ソースの変更」アイコンを選択したら
「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」
画面が開きます。

 

2016-07-11_210350

画面が開いたら変更するデータの
セル範囲
をドラッグして選択しましょう。

 

「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!

2016-07-11_210403

変更するデータのセル範囲を選択したら
「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」
画面の「OK」ボタンをクリックして選択
してください。

 

2016-07-11_210437

そうすると、ピボットテーブルの
元データを範囲変更することができます。

 

まとめ

  1. 元データ範囲を変更するピボットテーブルのセルをクリックして選択する
  2. 「ピボットテーブル ツール」の「分析」タブをクリックして選択する
  3. 「データ ソースの変更」アイコンをクリックして選択する
  4. 変更するデータのセル範囲をドラッグして選択する
  5. 「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!
 

お疲れ様でした。

ピボットテーブルの元データを範囲変更する
ことはできましたでしょうか?

今回ご紹介した「データ ソースの変更」
機能を使用すればピボットテーブルの
元データを範囲変更することができます。

あなたの作業が、手を止めることなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ