【エクセル2007】ピボットテーブルの元データの範囲を変えるには?

2016-070552145214エクセルで資料を作成している際に
ピボットテーブルの元データの範囲を
変えたい時があります。

そのような時は「データ ソースの変更」
機能を用いれば解決できます。



しかし、
『どうしたらピボットテーブルの
元データの範囲を変えることができるの?』

と悩んでいる人も多いでしょう。

そこで今回は、
「ピボットテーブルの元データの範囲を変えるやり方」
について紹介します。

 

Sponsored Link

ピボットテーブルの元データの範囲を変えるやり方

2016-071103

それでは始めていきましょう。

元データ範囲を変えるピボットテーブルのセルをクリックする

2016-07-11_132941

はじめに元データ範囲を変える
ピボットテーブルのセル
をクリック
してください。

 

「ピボットテーブル ツール」の「オプション」タブをクリックして移動する

2016-07-09_114350

元データ範囲を変えるピボットテーブルの
セルをクリックしたら、「ピボットテーブル
ツール」の「オプション」タブをクリック
して移動しましょう。

 

「データ ソースの変更」アイコンをクリックする

2016-07-11_133023

「オプション」タブへ移動したら「データ」
グループにある「データ ソースの変更」
アイコン
をクリックしてください。

 

変えるデータのセル範囲をドラッグする

2016-07-11_133046

「データ ソースの変更」アイコンをクリック
したら「ピボットテーブルのデータ ソースの
変更」ウィンドウが出てきます。

 

2016-07-11_133115

ウィンドウが出てきたら変える
データのセル範囲
をドラッグして
ください。

 

「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」ウィンドウの「OK」ボタンをクリックして確定する

2016-07-11_133127

変えるデータのセル範囲をクリックしたら
「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」
ウィンドウの「OK」ボタンをクリック
します。

 

2016-07-11_162920

そうすると、ピボットテーブルの
元データの範囲を変えることができます。

 

まとめ

  1. 元データ範囲を変えるピボットテーブルのセルをクリックする
  2. 「ピボットテーブル ツール」の「オプション」タブをクリックして移動する
  3. 「データ ソースの変更」アイコンをクリックする
  4. 変えるデータのセル範囲をドラッグする
  5. 「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」ウィンドウの「OK」ボタンをクリックして確定する
 

お疲れ様でした。

ピボットテーブルの元データの範囲を
変えることはできましたでしょうか?

今回ご紹介した機能を用いれば
簡単にピボットテーブルの元データの
範囲を変えることができます。

あなたのお仕事が、ストップすることなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ