【エクセル2013】ピボットテーブルのレイアウトを保存する方法

2016-070552145214エクセルを使用しているとピボット
テーブルのレイアウトを保存したい
時があります。

そのような場合は「更新時にセル
書式を保持する」機能を使用する
ことで悩みを解決できます。



そうはいっても、
『どうすればピボットテーブルの
レイアウトを保存することができるの?』

と頭を抱えている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「ピボットテーブルのレイアウトを保存する方法」
について紹介します。

 

Sponsored Link

ピボットテーブルのレイアウトを保存する方法

2016-0806001

それでは始めていきましょう。

レイアウトを保存するピボットテーブルをクリックして選択する

2016-08-05_211723

最初にレイアウトを保存する
ピボットテーブル
をクリックして
選択しましょう。

 

「ピボットテーブル ツール」の「分析」タブをクリックして選択する

2016-07-08_201506

レイアウトを保存するピボットテーブルを
選択したら、「ピボットテーブル ツール」の
「分析」タブをクリックして選択します。

 

「オプション」ボタンをクリックして選択する

2016-08-05_211752

「分析」タブを選択したら
「ピボットテーブル」グループにある
「オプション」ボタンをクリックして
選択してください。

 

「レイアウトと書式」タブをクリックして選択する(省略可)

2016-08-05_211815

「オプション」ボタンを選択したら
「ピボットテーブル オプション」
画面が開きます。

 

2016-08-05_211816

その開いた画面にある
「レイアウトと書式」タブ
クリックして選択しましょう。
(すでに「レイアウトと書式」タブが
選択されていたら省略可です)

 

「更新時にセル書式を保持する」にクリックしてチェック入れる

2016-08-05_212116

「レイアウトと書式」タブを選択したら
「更新時にセル書式を保持する」
クリックしてチェックを入れます。

 

「ピボットテーブル オプション」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!

2016-08-05_212128

「更新時にセル書式を保持する」に
チェックを入れたら「ピボットテーブル
オプション」画面の「OK」ボタン
クリックして選択します。

そうすると、ピボットテーブルの
レイアウトを保存することができます。

 

まとめ

  1. レイアウトを保存するピボットテーブルをクリックして選択する
  2. 「ピボットテーブル ツール」の「分析」タブをクリックして選択する
  3. 「オプション」ボタンをクリックして選択する
  4. 「レイアウトと書式」タブをクリックして選択する(省略可)
  5. 「更新時にセル書式を保持する」にクリックしてチェック入れる
  6. 「ピボットテーブル オプション」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!
 

お疲れ様でした。

ピボットテーブルのレイアウトを
保存することはできましたでしょうか?

今回ご紹介した「更新時にセル書式を
保持する」機能を使用すればピボット
テーブルのレイアウトを保存することが
できます。

あなたの作業が、手を止めることなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ