【エクセル2013】入力規則で表示されるエラーメッセージを設定する方法

rp_0050618-150x1501.jpgセル内にエラーメッセージが表示される
入力規則を設定されていて入力できない
時があります。

設定されているデータ以外を入力すると
「入力した値は正しくありません」と
表示された画面が開きます。

その画面が開いても
どこが違うのかわかりません。

 

2015-12-19_211100

そのような時は「データの入力規則」
機能を使用すれば解決できます。

そこで今回は、
「入力規則で表示されるエラーメッセージを設定する方法」
についてご紹介していきます。

 

入力規則で表示されるエラーメッセージを設定する方法

20151228002

それでは始めていきましょう。

入力規則が設定されたセルをクリックして選択する

2015-12-19_210756

最初に入力規則が設定されたセル
クリックして選択しましょう。
(複数セルある際はドラッグして
選択しましょう)

 

「データ」タブをクリックして選択する

2015-08-18_07002

入力規則が設定されたセルを選択したら
「データ」タブをクリックして選択します。

 

「データの入力規則」アイコンをクリックして選択する

2015-08-18_07003

「データ」タブを選択したら「データ
ツール」グループの「データの入力規則」
アイコン
をクリックして選択してください。

 

「エラーメッセージ」タブをクリックして選択する

2015-12-26_202314

「データの入力規則」アイコンを選択
したら「データの入力規則」画面が
開きます。

 

2015-12-21_212459

その開いた画面上部の
「エラーメッセージ」タブ
クリックして選択しましょう。

 

「タイトル」欄にタイトルを入力する

2015-12-21_212522

「エラーメッセージ」タブを選択したら
「タイトル」欄にエラーメッセージの
タイトル
を入力してください。

 

2015-12-21_212547

今回は「入力ミス」と入力しましょう。

 

「エラーメッセージ」欄に任意のメッセージを入力する

2015-12-21_212558

エラーメッセージのタイトルを
入力したら「エラーメッセージ」欄に
任意のメッセージを入力します。

 

2015-12-21_212639

入力の間違いが伝わるように
分かりやすい文章でメッセージを
入力すると良いでしょう。

 

「データの入力規則」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!

2015-12-21_212656

任意のメッセージを入力したら
「データの入力規則」画面の「OK」
ボタン
をクリックして選択します。

 

2015-12-21_212719

そうすると、
入力規則で表示されるエラーメッセージを
設定することができます。

 

まとめ

  1. 入力規則が設定されたセルをクリックして選択する
  2. 「データ」タブをクリックして選択する
  3. 「データの入力規則」アイコンをクリックして選択する
  4. 「エラーメッセージ」タブをクリックして選択する
  5. 「タイトル」欄にタイトルを入力する
  6. 「エラーメッセージ」欄に任意のメッセージを入力する
  7. 「データの入力規則」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!

 

お疲れ様でした。

入力規則で表示されるエラーメッセージを
設定することはできましたでしょうか?

今回ご紹介した機能を使用すれば
入力規則で表示されるエラーメッセージを
設定することができます。

あなたの作業が、手を止めることなく
進められることを心より応援しております。

コメントを残す

メニュー

このページの先頭へ