【エクセル2010】ピボットテーブルの元データ範囲を変更するやり方

2016-070552145214エクセルで資料作成していると
ピボットテーブルの元データ範囲を
変更したい時があります。

そんな時には「データ ソースの変更」
機能を使えば解決できます。



とはいえ、
『ピボットテーブルの元データ範囲を
変更するにはどうすればいいの?』

と困っている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「ピボットテーブルの元データ範囲を変更するやり方」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

ピボットテーブルの元データ範囲を変更するやり方

2016-070500312

それでは始めていきましょう!

元データ範囲を変更するピボットテーブルのセルをクリックして選ぶ

2016-07-05_093402

まずは元データ範囲を変更する
ピボットテーブルのセル
をクリックして
選びましょう。

 

「ピボットテーブル ツール」の「オプション」タブをクリックして選ぶ

2016-07-05_093432

元データ範囲を変更するピボットテーブル
のセルを選んだら、「ピボットテーブル
ツール」の「オプション」タブ
クリックして選んでください。

 

「データ ソースの変更」アイコンをクリックして選ぶ

2016-07-05_111541

「オプション」タブを選んだら「データ」
グループにある「データ ソースの変更」
アイコン
をクリックして選びます。

 

変更するデータのセル範囲をドラッグして選ぶ

2016-07-05_111551

「データ ソースの変更」アイコンを選んだら
「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」
ダイアログが表示されます。

 

2016-07-05_111604

ダイアログが表示されたら変更する
データのセル範囲
をドラッグして選びましょう。

 

「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了!

2016-07-05_111613

変更するデータのセル範囲を選んだら
「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」
ダイアログの「OK」ボタンをクリックして
選んでください。

 

2016-07-05_111624

そうすると、ピボットテーブルの
元データ範囲を変更することができます。

 

まとめ

  1. 元データ範囲を変更するピボットテーブルのセルをクリックして選ぶ
  2. 「ピボットテーブル ツール」の「オプション」タブをクリックして選ぶ
  3. 「データ ソースの変更」アイコンをクリックして選ぶ
  4. 変更するデータのセル範囲をドラッグして選ぶ
  5. 「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了!
 

お疲れ様でした。

ピボットテーブルの元データ範囲を
変更できましたでしょうか?

「データ ソースの変更」機能を使えば
ピボットテーブルの元データ範囲を変更
できるので活用していきましょう。

あなたのお仕事が、つまづくことなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ