【エクセル】足し算をするSUM関数の使い方

0621000SUM関数は、

これからエクセルを使っていくために

基本となる関数の一つです。

 



 

そこで今回は、

「足し算をするSUM関数の使い方」

についてご紹介してきます。

 

 

Sponsored Link

足し算をするSUM関数の使い方

0621001

足し算の計算結果を表示したいセルをクリックして選択する

0621002

まずは計算結果を表示させたいセルを選びましょう。

 

「数式」タブから「∑」をクリックして選択する

0621003

次に「数式」タブに移動します。

 

0621004

「数式」タブに移動したら、

「∑」ボタンを

クリックしましょう。

 

0621013

すると

計算結果を表示させたいセルに

「=sum()」

とSUM関数が挿入されます。

 

計算する範囲を指定して「Enter」キーを押せば完了!

0621005

次に計算する範囲をドラッグして

指定しましょう。

 

ドラッグして指定したら、

最後に「Enter」キーを押してください。

 

0621006

そうすると

範囲指定した数値の合計が表示されます。

 

 

補足①

0621007

他にも、こんな方法があります。

ワークシートの上にある「fx」と

表示されているボタンを

クリックしましょう。

 

0621008

「fx」をクリックしたら、

「関数の挿入」ウィンドウが開きます。

 

0621010

そこで「SUM」をクリックして選び

「OK」ボタンを押してください。

 

0621011

「OK」ボタンをクリックしたら、

「引数の挿入」ウィンドウが開きます。

 

その中の「数値1」の入力バーの

右側にあるボタンをクリックして、

計算する範囲をドラッグして選択しましょう。

 

範囲を選択し終わったら、

「Enter」キーを押すと

「引数の挿入」ウィンドウに

戻ります。

 

0621012

「引数の挿入」ウィンドウに

戻ったら、「OK」ボタンを

押すと計算結果が表示されます。

 

0621014

 

補足②

使い方に慣れてきたら、

ショートカットキーでの

関数挿入をする方法があります。

 

計算結果を表示したいセルで

 

キーボードにある

Alt + Shift + =

を押してください。

 

そうすると

SUM関数を挿入できます。

0621015

 

まとめ

  1. 足し算の計算結果を表示したいセルをクリックして選択する
  2. 「数式」タブから「∑」をクリックして選択する
  3. 計算する範囲を指定して「Enter」キーを押せば完了!
 

お疲れ様でした。

 

SUM関数を使った足し算は

できましたでしょうか?

エクセルを活用する上で

非常に多用する関数なので

しっかりマスターしていきましょう。

 

あなたのお仕事が

今まで以上に効率よく

行えることを

心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ