【エクセル2013】複合グラフ(棒グラフ・折れ線グラフ)の作り方

5105640エクセルでグラフを作り棒グラフの他にも
折れ線グラフを組み合わせて作りたい時が
あります。

そのような時はグラフの種類の
変更機能を使うことで悩みを
解決できます。

そうはいっても
『どうすれば複合グラフを棒グラフと
折れ線グラフで作ることができるの?』

と頭を抱えている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「複合グラフ(棒グラフ・折れ線グラフ)の作り方」
についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

複合グラフ(棒グラフ・折れ線グラフ)の作り方

20151123001

それでは始めていきましょう。

棒グラフを作成する

2015-11-18_233530

最初に折れ線グラフにするデータも含めて
棒グラフ
を作成しましょう。

 

折れ線グラフに変更するデータ系列をクリックして選択する

2015-11-18_233642

棒グラフを作成したら
折れ線グラフに変更するデータ系列
クリックして選択します。

今回は「合計」のデータ系列を
折れ線グラフにするので紫色の棒を
クリックして選択してください。

 

「グラフ ツール」の「デザイン」タブをクリックして選択する

2015-11-18_233656

折れ線グラフに変更するデータ系列を
選択したら、「グラフ ツール」の
「デザイン」タブをクリックして
選択しましょう。

 

「グラフの種類の変更」アイコンをクリックして選択する

2015-11-18_233708

「デザイン」タブを選択したら「種類」
グループの「グラフの種類の変更」
アイコン
をクリックして選択してください。

 

変更する折れ線グラフの種類をクリックして選択する

2015-11-18_233721

「グラフの種類の変更」アイコンを選択
したら「グラフの種類の変更」画面が
開きます。

 

2015-11-18_233729

開いた画面内にある「データ系列に使用する
グラフの種類と軸を選択してください」欄が
あります。

2015-11-18_233738

その欄の中にある「グラフの種類」から
複合グラフ(棒グラフ・折れ線グラフ)にしたい
「系列名」の「グラフの種類」を選択します。

 

2015-11-18_233746

「グラフの種類」を選択したら
項目が開きます。

 

2015-11-18_233756

その項目の中から変更する折れ線グラフの
種類をクリックして選択しましょう。

今回は「折れ線」を選択します。

 

「グラフの種類の変更」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!

2015-11-18_233806

折れ線グラフの種類を選択したら
「グラフの種類の変更」画面の
「OK」ボタンをクリックして選択します。

 

2015-11-18_233924

そうすると、複合グラフ(棒グラフ・
折れ線グラフ)を作ることができます。

 

まとめ

  1. 棒グラフを作成する
  2. 折れ線グラフに変更するデータ系列をクリックして選択する
  3. 「グラフ ツール」の「デザイン」タブをクリックして選択する
  4. 「グラフの種類の変更」アイコンをクリックして選択する
  5. 変更する折れ線グラフの種類をクリックして選択する
  6. 「グラフの種類の変更」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!

 

お疲れ様でした。

複合グラフ(棒グラフ・折れ線グラフ)の
作り方はわかりましたでしょうか?

今回ご紹介した「グラフの種類の変更」機能
を使用することですぐに複合グラフ
(棒グラフ・折れ線グラフ)を作ることが
できます。

あなたの作業が、手を止めることなく
進められることを心より応援しております。




スポンサーリンク



関連記事




コメントを残す

このページの先頭へ