【エクセル】割り算のやり方

0090622エクセルを始めていくのに
『どれからやればいいの?』
と困っている人は
多いのではないでしょうか。



 

そこで今回は、
基本となる四則演算の一つの
「割り算のやり方」
についてご紹介してきます。

 

Sponsored Link

割り算のやり方

20150708201
それでは始めていきましょう!

割り算の計算結果を出したいセルをクリックして選ぶ

20150708202

まずは割り算の計算結果を
表示したいセルをクリックしてください。

 

割り算の数式を入力する

20150708203

つぎに割り算の数式を
入力していきましょう。

数値を割って計算するには、
半角文字の「/」記号を用います。

数式のはじまりに「=(半角英数文字)」
入力して数式をいれます。

今回の場合は、
=A3/B3
となります。

 

数式を入れたら「Enter」キーを押して完了!

20150708204

すると
引き算の計算結果が出てきます。

割り算の数式を入力したら
「Enter」キーを押します。

そうすると
割り算の計算結果を表示できます。

 

補足①

掛け算を関数計算するときには
PRODUCT関数というものがありますが、
割り算の計算する関数はありません。

ですので、
割り算を計算する時は基本的に
「/(半角文字)」記号で数式計算を行います。

とはいえ、割り算の整数部分を求めるQUOTIENT関数
割った余りを求めるMOD関数というものがあります。

 

補足②

20150708205

「=(半角文字)」を試用せずに
「+(半角文字)」と入力しても
計算結果を出すことができます。

たとえば、
=○○/○○
ではなく
+○○/○○
と入力しても
計算できるという事です。

「=(半角文字)」を入力するためには
「Shift」キー + 「-」
を押す必要があります。

しかし、
「+(半角文字)」
の場合は、テンキー「+」キーだけで
済むので短時間で入力可能です。

 

まとめ

  1. 割り算の計算結果を出したいセルをクリックして選ぶ
  2. 割り算の数式を入力する
  3. 数式を入れたら「Enter」キーを押して完了!
 

お疲れ様でした。

割り算の数式計算は
できましたでしょうか?

エクセルを使っていく中で
四則演算は、頻回に使用していきます。

これを避けて通ることはできません。

ですので、しっかりとマスター
していきましょう。

あなたの作業が
詰まることなく
進められることを
心より応援しております。

 

四則演算の数式まとめ

これらの数式は、使う機会が多いので覚えておきましょう。
四則演算の種類 使用する記号 使用例
足し算 +(半角英数字) =A3+B3
引き算 -(半角英数字) =A3-B3
掛け算 *(半角英数字) =A3*B3
割り算 /(半角英数字) =A3/B3
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ