【エクセル2013】入力時メッセージを表示させる入力規則を使用した方法

rp_0050618-150x1501.jpgセル内に入力規則を設定されていると、
その設定をしているのもわからずに
入力できなくて困ってしまう時があります。

そのような時に「データの入力規則」
機能を使用すれば解決できます。

そうはいっても、
『どうすれば入力時メッセージを表示
させることができるの?』

と頭を抱えている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「入力時メッセージを表示させる入力規則を使用した方法」
についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

入力時メッセージを表示させる入力規則を使用した方法

20151228004

それでは始めていきましょう。

入力時にメッセージを表示するセルをクリックして選択する

2015-12-19_210756

最初に入力時にメッセージを
表示するセル
をクリックして
選択します。
(複数セルの際はドラッグして
選択しましょう)

 

「データ」タブをクリックして選択する

2015-08-18_07002

入力時にメッセージを表示するセルを
選択したら、「データ」タブ
クリックして選択してください。

 

「データの入力規則」アイコンをクリックして選択する

2015-08-18_07003

「データ」タブへ移動したら「データ
ツール」グループの「データの入力規則」
アイコン
をクリックして移動しましょう。

 

「入力時メッセージ」タブをクリックして選択する

2015-12-26_202314

「データの入力規則」アイコンを
クリックしたら「データの入力規則」
ウィンドウが出てきます。

 

2015-12-21_213528

その出てきたウィンドウ上部にある
「入力時メッセージ」タブをクリック
して移動します。

 

「タイトル」欄にタイトルを入力する

2015-12-21_213545

「入力時メッセージ」タブをクリック
したら「タイトル」欄にタイトル
入力しましょう。

 

2015-12-21_213609

今回は「文字数制限あり」と入力しましょう。

 

「メッセージ」欄に任意のメッセージを入力する

2015-12-21_213619

タイトルを入力したら、「メッセージ」
欄に任意のメッセージを入力します。

 

2015-12-21_213644

メッセージは、長い文章ではなくて
簡潔にすると良いでしょう。

 

「データの入力規則」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!

2015-12-21_213653

任意のメッセージを入力したら
「データの入力規則」画面の「OK」
ボタン
をクリックして選択します。

 

2015-12-21_213706

そうすると、入力時メッセージを
表示させることができます。

 

まとめ

  1. 入力時にメッセージを表示するセルをクリックして選択する
  2. 「データ」タブをクリックして選択する
  3. 「データの入力規則」アイコンをクリックして選択する
  4. 「入力時メッセージ」タブをクリックして選択する
  5. 「タイトル」欄にタイトルを入力する
  6. 「メッセージ」欄に任意のメッセージを入力する
  7. 「データの入力規則」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!

 

お疲れ様でした。

入力時メッセージを表示させることは
できましたでしょうか?

今回ご紹介した「データの入力規則」規則を
使用すれすぐに入力時メッセージを
表示させることができます。

あなたの作業が、手を止めることなく
進められることを心より応援しております。




スポンサーリンク



関連記事




コメントを残す

このページの先頭へ