【エクセル】SUM関数で求めた合計を四捨五入するやり方

rp_20150607000-150x150.jpgエクセルで関数計算していると
『SUM関数の合計を四捨五入するには
どうすればいいの?』

と頭を抱えてしまう人も多いでしょう。



 

そこで今回は、
「SUM関数で求めた合計を四捨五入するやり方」
についてご紹介してきます。

 

Sponsored Link

SUM関数で求めた合計を四捨五入するやり方

20150727001

四捨五入したい合計(SUM関数)が挿入しているセルを選ぶ

2015-07-27_1901

最初に四捨五入したいSUM関数の合計が
表示されているセルをクリックして
選択しましょう。

 

セル内の関数式(SUM)を切り取って、セル内を空にする

2015-07-27_1902

セルを選択し終わったら
ワークシートの上にある
数式バーにSUM関数の数式が
表示されます。

 

2015-07-27_1903

その数式の「=」以外の数式を
切り取ってください


 

2015-07-27_1904

残った「=」は、「BackSpace」キー
を押してセルを空にしましょう。

※数式バーに直接「ROUND関数」を
入力するときは、「=」を消さなくても
大丈夫です。

 

空にしたセルにROUND関数を入れる

2015-07-27_1905

数値を四捨五入していくには
ROUND関数を活用します。

直接数式バーへ入力するときは
「=ROUND(」と入れましょう。

関数を入れるやり方は
「数式」タブへ移動してする方法もあります。

【エクセル】四捨五入したい!ROUND関数を使った計算方法

 

「数値」に切り取りをしたSUM関数をコピペして、「桁数」を入力する

2015-07-27_1906

ROUND関数式は
=ROUND(数値,桁数)
になります。

「数値」には切り取っておいたSUM関数を
貼り付けましょう。

そして、「桁数」
どの桁で四捨五入するかを
決めます。

今回は、小数点以下を四捨五入するので
「0」と入力します。

 

確認して「Enter」キーを押す

ROUND関数内の「数値」と「桁数」を
入れ終わったら、「Enter」キー
押しましょう。

 

2015-07-27_1907

そうすると、
SUM関数で求めた合計が
四捨五入して表示されます。

 

まとめ

  1. 四捨五入したい合計(SUM関数)が挿入しているセルを選ぶ
  2. セル内の関数式(SUM)を切り取って、セル内を空にする
  3. 空にしたセルにROUND関数を入れる
  4. 「数値」に切り取りをしたSUM関数をコピペして、「桁数」を入力する
  5. 確認して「Enter」キーを押す
 

お疲れ様でした。

SUM関数で出した合計を
四捨五入できましたでしょうか?

一つの関数だけでなく
他の関数と組み合わせて使うことで
計算することが可能になります。

あなたの業務が滞りなく快適に
進めれることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ