【エクセル2013】シートの保護を解除する方法

061200エクセルのワークシートに
データが入力できない時があります。

もしかしたらシートが保護
されているのかもしれません。



そのような場合は「シートの保護」
機能を使えば解決することができます。

そうはいっても、
『どうすればシートの保護を
解除できるの?』

と頭を抱えている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「シートの保護を解除する方法」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

シートの保護を解除する方法

20151218006

それでは始めていきましょう。

「ホーム」タブをクリックして選択する

2015-08-14_0711

最初に「ホーム」タブをクリックして
選択しましょう。

 

「セル」グループの「書式」ボタンをクリックして選択する

2015-12-14_220306

「ホーム」タブを選択したら
「セル」グループの「書式」ボタン
クリックして選択してください。

 

項目から「シート保護の解除」をクリックして完了!

2015-12-14_220344

「書式」ボタンを選択したら
書式機能の項目が開きます。

 

2015-12-14_220404

その開いた項目の中から
「シート保護の解除」
クリックして選択します。

そうすると、シートの保護を
解除することができます。

 

補足1:解除するパスワードが設定されている時には?

シートの保護を解除するパスワードを
設定されていたら、こちらの操作も行います。

設定されたパスワードを入力する

2015-12-14_220429

パスワードが設定されていたら
「シート保護の解除」画面が開きます。

 

2015-12-14_220443

ですので、「パスワード」欄に
設定されたパスワードを入力しましょう。

もしも、パスワードがわからなくなった
時は、残念ながらシート保護を
解除することはできません。

「シート保護の解除」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!

2015-12-14_220454

設定されたパスワードを入力したら
「シート保護の解除」画面の「OK」
ボタン
をクリックして選択します。

そうすると、
シートの保護を解除されます。

 

補足2:「ファイル」タブ「からシート保護を解除する方法

「ファイル」タブ経由からのシートの
保護の方法をついてご説明していきます。

「ファイル」タブをクリックして選択する

2015-08-14_07012

最初に「ファイル」タブをクリックして
選択しましょう。

 

「アクセス許可」の「保護解除」をクリックして選択する

2015-12-14_220523

「ファイル」タブを選択したら
「アクセス許可」の「保護解除」
クリックして選択しましょう。

そうすると、シートの保護を
解除することができます。

 

補足3:「校閲」タブからシート保護を解除する方法

「校閲」タブ経由からのシートの
保護の方法をついてご説明していきます。

「校閲」タブをクリックして選択する

2015-09-17_02

最初に「校閲」タブ
クリックして選択しましょう。

 

「変更」グループの「シート保護の解除」をクリックして選択する

2015-12-14_220552

「校閲」タブを選択したら
「変更」グループの「シート保護の
解除」
をクリックして選択ください。

そうすると、シートの保護を
解除することができます。

 

まとめ

  1. 「ホーム」タブをクリックして選択する
  2. 「セル」グループの「書式」ボタンをクリックして選択する
  3. 「シート保護の解除」画面の「OK」ボタンをクリックして完了!
 

お疲れ様でした。

シートの保護を解除することは
できましたでしょうか?

今回ご紹介した「シートの保護」機能を
設定すればすぐにシートの保護を解除
することができます。

あなたの作業が、手を止めることなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ