【エクセル】今日の日付と現在の時間を自動表示するNOW関数の使い方

100エクセルで書類作成していると
『現在の日付と時間を自動的に
表示できる方法はないの?』

と困っている人も多いです。


 

そこで今回は、
「今日の日付と現在の時間を自動表示するNOW関数の使い方」
についてご紹介してきます。

 

Sponsored Link

今日の日付と現在の時間を自動表示するNOW関数の使い方

20150802001

今日の日付と現在の時間を表示させるセルをクリックして選ぶ

2015-08-02_1001

最初に今の日付と時間を表示させたいセルを
クリックして選びましょう。

 

「数式」タブにある「日付/時刻」ボタンをクリックして選ぶ

2015-07-26_0002

次に「数式」タブへ移動してください。

 

2015-08-02_0902
「数式」タブへ移動したら
「関数ライブラリ」にある「日付/時刻」
クリックして選んでください。

 

「日付/時刻」のメニューにある「NOW」をクリックして選ぶ

2015-08-02_1002

「日付/時刻」をクリックしたら
「日付/時刻」に関係する関数の一覧が
表示されます。

そのメニューから「NOW」を選んで
クリックしましょう。

 

「関数の引数」画面にある「OK」ボタンをクリックして完了!

2015-08-02_1004

「NOW」をクリックしたら
「関数の引数」画面が表示されます。

その画面の「OK」ボタン
クリックして選んでください。

 

2015-08-02_1005

そうすると、最初に選んだセルに
今日の日付と時間が表示されます。

 

補足

表示するのが日付と時間の2つではなく、
日付だけで良いのであればTODAY関数
活用していきましょう。

TODAY関数の使い方に関しては
こちらで詳しくご説明しております。

今日の日付をTODAY関数で自動表示する方法

 

まとめ

  1. 今日の日付と現在の時間を表示させるセルをクリックして選ぶ
  2. 「数式」タブにある「日付/時刻」ボタンをクリックして選ぶ
  3. 「日付/時刻」のメニューにある「NOW」をクリックして選ぶ
  4. 「関数の引数」画面にある「OK」ボタンをクリックして完了!
 

お疲れ様でした。

今日の日付と時間をNOW関数で
表示できましたでしょうか?

いちいち入力しなくて良くなるので
活用して時間短縮していきましょう。

あなたの作業が、時間短縮して効率的に
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ