【エクセル2013】一行おきに色塗りして見やすい表をする方法

rp_20150607000-150x1501111.jpg表を作るなら見にくいものより
見やすいものを作成したほうが
相手に好印象を与えます。

一行おきに色塗りすれば
表を見やすくできるのですが
一行ずつ色を付けていくのは
とても時間がかかってしまいます。



そんな時に
『手軽に一行ずつ色塗りする
方法があればなぁ』

と悩んでいる人も多いでしょう。

そこで今回は、
「一行おきに色塗りして見やすい表をする方法」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

一行おきに色塗りして見やすい表をする方法

2015090310

それでは始めていきましょう!

1行だけ「塗りつぶし」で色塗りをする

2015-08-31_065011

最初に1行だけ「塗りつぶし」
行へ色塗りしましょう。

 

1行目と2行目をドラッグして選択する

2015-08-31_065012

1行だけ色塗りが終わったら
1行目と2行目をドラッグして
選択してください。

 

ドラッグしたセル範囲の右下にマウスポインタを合わせる

2015-08-31_065013

1行目と2行目をドラッグしたら
ドラッグしたセル範囲の右下に
マウスポインタを合わせます。

ドラッグしたセル範囲の右下に
マウスポインタを合わせたら、
ポインタが「+」へ変化します。

 

表の最終行までドラッグして選択する

2015-08-31_065014

マウスポインタが「+」へ変化したら
表の最終行までドラッグして選択します。

『数値が変更されてしまった!』
と心配になるかもしれませんが、
そのままで大丈夫です。

 

「オートフィルオプション」をクリックして選択する

2015-08-31_065015

表の最終行まで選択したら
「オートフィルオプション」
クリックして選択しましょう。

 

リストから「書式のみコピー(フィル)」をクリックして完了!

2015-08-31_065016

「オートフィルオプション」を選択したら
オートフィル機能のリストが出てきます。

 

2015-08-31_065017

そのリストの中にある
「書式のみコピー(フィル)」
クリックして選択してください。

 

2015-08-31_065018

そうすると、一行おきに色塗りされて
見やすい表になります。

 

まとめ

  1. 1行だけ「塗りつぶし」で色塗りをする
  2. 1行目と2行目をドラッグして選択する
  3. ドラッグしたセル範囲の右下にマウスポインタを合わせる
  4. 表の最終行までドラッグして選択する
  5. 「オートフィルオプション」をクリックして選択する
  6. リストから「書式のみコピー(フィル)」をクリックして完了!
 

お疲れ様でした。

一行おきに色塗りすることは
できましたでしょうか?

オートフィル機能を使用すれば
手軽に一行おきに色塗りできるので
活用していきましょう。

あなたの作業が、つまづくことなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ