【エクセル2010】条件付き書式設定を解除するやり方

061200設定した条件付き書式設定の
必要がなくなったら、解除せずに
そのままだと見づらいです。

そんな時には条件付き書式設定を
解除すれば、見やすくなります。



ですが、
『どうすれば条件付き書式設定を
解除できるの?』

と困っている人も多いでしょう。

そこで今回は、
「条件付き書式設定を解除するやり方」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

条件付き書式設定を解除するやり方

20150829001

それでは始めていきましょう!

条件付き書式設定を解除するセルをドラッグして選ぶ

2015-08-29_12001

まずは条件付き書式設定を解除するセルを
ドラッグして選びましょう。

 

「ホーム」タブをクリックして選ぶ

2015-08-10_13172

解除するセルを選んだら
「ホーム」タブをクリックして
選んでください。

 

「スタイル」グループの「条件付き書式」ボタンをクリックして選ぶ

2015-08-27_16002

「ホーム」タブを選んだら
「スタイル」グループにある
「条件付き書式」ボタン
クリックして選びます。

 

メニューの「ルールのクリア」にマウスカーソルを合わせる

2015-08-27_16003

「条件付き書式」ボタンを選んだら
条件付き書式機能メニューが表示されます。

 

2015-08-29_12002

そのメニューにある「ルールのクリア」
マウスカーソルを合わせてください。

 

メニューから「選択したセルからルールをクリア」をクリックして完了!

2015-08-29_12003

「ルールのクリア」にマウスカーソルを
合わせたら、さらにメニューが表示します。

そのメニューの中から
「選択したセルからルールをクリア」
クリックして選びます。

 

2015-08-29_12004

そうすると、条件付き書式設定を
解除することができます。

 

まとめ

  1. 条件付き書式設定を解除するセルをドラッグして選ぶ
  2. 「ホーム」タブをクリックして選ぶ
  3. 「スタイル」グループの「条件付き書式」ボタンをクリックして選ぶ
  4. メニューの「ルールのクリア」にマウスカーソルを合わせる
  5. メニューから「選択したセルからルールをクリア」をクリックして完了!
 

お疲れ様でした。

条件付き書式設定を解除することは
できましたでしょうか?

ルールのクリア機能を使用すれば、
条件付き書式設定を解除できるので
活用していきましょう。

あなたのお仕事が、ストップすることなく
進められることを心より応援しております。
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ